【G-SHOCK パーフェクトバイブル】ストリートが熱狂し、空前のG-SHOCKブームへ(1990年代)

2018/9/1 12:00
SHARE ON

ファッションアイテムとして国内のエッジィな人々が注目

G-SHOCKの認知度が低かった日本だが、1990年に海外で発売されたDW-5900Cが転機となる。斬新な丸型スタイルが米国西海岸のスケーターを中心に、初めてファッションとして取り入れられたのだ。その動きに日本でいち早く気づいたのが、ミュージシャンや業界人だった。

さらに、G-SHOCKを着けた金髪のスケーターたちが日本のファッション雑誌で紹介されると、一気にブレイク。91年に勃発した湾岸戦争の米軍兵士や、ミュージシャンのスティングが装着していたエピソードが紹介されると、人気はさらに拡大していく。国内出荷数は、90年が約1万本(3モデル)、91年が約3万本(5モデル)、そして92年には15万本(11モデル)を超えた。

DW-5600C-9B(1992発売)/海外仕様の発売から2年、ファンの要望に応えて日本では冬季限定モデルとして発売されたイエロー。同時にリリースされたマーブルバンドのブルー限定より、明らかに人気が高かった

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG