【G-SHOCK パーフェクトバイブル】コラボの殿堂!「6900系」編

2018/12/7 7:00
SHARE ON

G-SHOCKほど世紀のコラボレーションを可能にしてきた腕時計はありません。特に定番ツートップである“角型”の5600系と“3つ目”の6900系には、プレミアムなコラボ作が数多く揃います。

今回は、6900系のコラボレーションモデルを一部紹介します。

ファッション系コラボ:Gブームの火付け役になった伝説的コラボモデル!

ステューシー DW-6900SS-1EV

1996年に発売されたストリート系ブランド、ステューシーとのダブルネーム第1弾。12時位置のSTUSSYのロゴを配し、LEバックライトには"SS-LINK" が浮かぶ凝った作り。

中澤祐二 DW-6900NY-1JR

サッカー日本代表として長年活躍した中澤祐二選手のシグネチャーモデル。裏ブタには同選手の代名詞でもあるヘディング姿を刻印。発売年と同じ2006本限定。

スペースインベーダー DW-6900BGINGA-9JF

ピンク文字盤のELバックライトにスペースインベーダーが浮かび上がる。2006年に行われた表参道ヒルズの同キャラクターのイベントに合わせて発売されました。

藤井フミヤ DW-6900

藤井フミヤのファンクラブ限定モデルとして発売された超稀少コラボ。ブラックケースとホワイトダイアルのシンプルなコントラストが好印象です。

ウルトラマン生誕40周年記念 DW-6900FSVLT-8JF

ウルトラマンをイメージしてホワイトボディにオレンジを大胆に配色。ELバックライトにお馴染みのウルトラマン飛行シーンをセット。1000本限定。

 

【さらに詳しく!】コラボの殿堂!「5600系」編はコチラ

TAG