時計界の良心「オリエントスター」が新型ムーブメント搭載モデルを一挙13モデルも発表!

「輝ける星」をイメージして1951年に誕生して以来、本格的な機械式時計ブランドとして愛され続けているオリエントスターより、新しい機械式ムーブメントを搭載した新作が、4型13モデルで登場! 時計製造に携わる職人の情熱と愛が詰まった新たな時計は、今夏発売となります。

 

初代モデルの意匠に現代的な要素を加えた「ヘリテージゴシック」

オリエントスター「ヘリテージゴシック」(左から)9万720円/Ref.RK-AW0001L、8万6400円/Ref.RK-AW0004S、9万720円/Ref.RK-AW0002S、9万720円/Ref.RK-AW0003S 自動巻き(Cal.46 系F6-50)。SSケース。縦46×横38.7mm/厚さ12.5mm、5気圧防水

新作「ヘリテージゴシック」は、1951年の初代モデルに始まり、歴代モデルから脈々と受け継がれてきたチャビーフォント(チャビー=ぽっちゃりした)を現代風に手を加えつつ、丁寧に植字したインデックスを採用。少し横に広がった数字から漂う伝統・歴史にモダンさも加わった、独特の雰囲気に仕上がっています。

搭載ムーブメントは新型となる46系F6-50。パワーリザーブ時間が従来の40時間から50時間に引き上げられ、パワーリザーブインジケーターもスペックに合わせた表記に変更されました。

同じムーブメントを搭載したセンターセコンド仕様「エレガントクラシック」もあります。

オリエントスター「エレガントクラシック」(左から)7万9920円/Ref.RK-AU0003L、8万5320円/Ref.RK-AU0001S、7万9920円/Ref.RK-AU0002S 自動巻き(Cal.46 系F6-50)。SSケース。縦46×横38.7mm/厚さ12.8mm、5気圧防水

ヘリテージゴシック、エレガントクラシックとも、ケースは直径38.7mmで、男女を問わず着けやすいサイズ。バックルにプッシュ三つ折れ式中留のタイプを採用するなど、10万円以内に抑えながらも高級感に溢れています。7月23日発売。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG