今度は東京ヤクルトスワローズと小川泰弘投手のスポンサーに就任! ファーブル・ルーバの勢いが止まらない!!

先日、ファーブル・ルーバの腕時計を身に着けた日本の会社員がエベレスト登頂達成というニュースがありましたが、このブランドにまた新たな動きがありました。今回はなんと、東京ヤクルトスワローズと小川泰弘投手のスポンサーに就任したとのこと。6月28日に行われた記者会見をレポートします。

 

飽くなきフロンティアスピリッツに共感

東京ヤクルトスワローズは、1950年に国鉄スワローズとしてスタート。この時期に遠く離れたスイスでは、ファーブル・ルーバが自らの信念に基づく開発を続け、1960年代に高度計搭載ウオッチ「ビバーク」や水深計搭載ウオッチ「バシィ」といった、世界初のモデルを作り上げました。

このように、20世紀半ばから「より上手くなるため」「より実用的にするため」の渇望と、それを実現するための忍耐・創意工夫を続けてきた東京ヤクルトスワローズとファーブル・ルーバが現代で互いに惹かれあい、今回のパートナー関係につながったとのこと。

そして、この両者の関係を象徴する存在として白羽の矢が立ったのが、東京ヤクルトスワローズのエース・小川泰弘投手です。

小川投手は、2012年の入団1年目から先発陣の一角を担ってリーグ最多勝の16勝をあげ、同年の新人王にも輝いた右腕です。1970年代にアメリカで活躍したピッチャー「ノーラン・ライアン」を彷彿とさせる豪快なフォームから繰り出される速球を武器に、入団から2017年までの5年連続で年間100奪三振を記録。2013年から侍ジャパンにも加わっている、まさに日本を代表するエースです。

記者会見に登壇したファーブル・ルーバ日本総代理店 スイスプライムブランズのルカ氏(左)と小川泰弘投手(右)

大役を任されることになった小川選手は、「誰も見たことのない機能を作り上げてきたファーブル・ルーバのフロンティアスピリッツは、とても素晴らしいと思いました。このブランドが積み重ねてきた歴史と同じように僕自身ももっと努力して、さらに上を目指していきたいですね」

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG