【SIHH2018 IWC】創立150周年という節目を、すべて限定の“ジュビリーコレクション”で祝福

IWCは、スイス伝統技術と米国最先端技術の融合を目指して1868年に創業。翌年、傑作「F.A.ジョーンズ・キャリバー」を完成させた。パイロット・ウォッチ、アクアタイマー、ダ・ヴィンチなど数多くの傑作を輩出した。2018年は同ブランドにとって、創業150周年という大きな節目を迎えた年でもある。これを祝して1月のSIHHではすべて限定生産となる衝撃のコレクションを発表した。

150年を彩る名機の殿堂、ジュビリーコレクションの衝撃

創立150周年という偉大な節目を、IWCは“ジュビリーコレクション”で祝福。これはアクアタイマーとインヂュニアを除く全コレクションで展開され、腕時計の総数は28型に及ぶ。すべてにホワイトかブルーのラッカーダイアルが採用されているのが特徴で、時計師パルウェーバーが1884年に製造したデジタル懐中時計の復刻腕時計を筆頭に、ユニークな試みが多く、見応えは十分。だが、どれも限定生産ゆえに激しい争奪戦は必至。

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG