オメガとウルトラマンがコラボした(!?)特別な「スピードマスター プロフェッショナル」が予約スタート!

オメガがバーゼルワールド未発表の新作の予約をオンラインで開始しました。あの「ウルトラマン」とのコラボレートしたという新作は2012本限定の希少モデル。それにしても、なぜウルトラマンなのでしょうか?? その秘密に迫ります。

ムーンウォッチのDNAを受け継いだ限定コラボモデル

スピードマスター “ウルトラマン” リミテッド エディション  82万8360 円(予価)/ 世界限定 2012 本

今回の限定モデルの発表は、昨年に引き続き、Instagramの公式アカウント経由で行われました。その投稿にはこんなハッシュタグが添えられています。「♯SpeedyTuesday(スピーディ チューズデー)」。これは毎週火曜日にこのハッシュタグを付けて、愛用のスピードマスターを投稿する、というネット上のトレンドで、現在では多くの投稿を確認することができます。そうしたファンの動きにオメガも賛同し、昨年から「♯SpeedyTuesday」の限定モデルが発表されるようになったわけです。

その最新作となる今回の限定モデルは、何と言っても「ウルトラマンとのコラボ」が最大の特徴。実は、スピードマスターはかつてウルトラ警備隊の装備品でした。その当時のモデルを、ファンの期待に応えて復活させたわけです。

9 時位置のスモールセコンドを付属のUVライトで照らすと、ウルトラマンのシルエットが浮かび上がる 

1970 年代の日本を代表する特撮作品を参考にして、遊び心をふんだんにとりいれたオメガの #SpeedyTuesday の新作「スピードマスター “ウルトラマン” リミテッド エディション」は、1967 年に発表されたオメガの“ムーンウォッチ”の DNA を受け継いだ、宇宙を感じるタイムピースに仕上がっています。

オレンジの秒針は、クラシカルな 1967年製クロノグラフでひと際目立っていた意匠でした。その大胆な色使いが、当時のウルトラ警備隊の制服にふさわしい色であったため、オメガのムーンウォッチは隊への支給品として欠かせないアイテムとなっていたのです。

この秒針の特徴を新作にも踏襲し、サイズまで1967 年のオリジナルモデルに揃えるこだわりぶり。一方で、ウルトラマンが 3 分間しか変身していられないことから、3 時位置のミニッツカウンターの最初の3 分間をオレンジ色で表示し、さらにダイアル上にレトロなオメガのヴィンテージロゴを配置するなど、新しい要素も加えられています。

ケース バックには「#SpeedyTuesday」等の文字が刻まれる。ストラップはブラックとオレンジの NATO ストラップと、ブラックのレザーストラップの2 種類
ウルトラ警備隊が使っていた斬新なテーブルをイメージした、六角形のスペシャルボックス付き。コレクター心をくすぐる仕様だ。

宇宙を知る手巻きクロノグラフの名作と憧れのヒーロー「ウルトラマン」が融合したファン垂涎のスペシャルモデルは、世界中で争奪戦は必至! 1967年のオリジナルモデルの入手が困難なだけに、今回の新作は必ず押さえておくべきでしょう。

なお、予約はオメガのInstagram公式アカウント(@OMEGA)、オフィシャルサイトの専用予約ページから予約できます。日本では2018 年 8 月中旬以降(予定) に入荷後、下記の 8 店舗のいずれかで受け取ることができるとのことです。
・オメガブティック 銀座本店/大阪/心斎橋
・オメガショップ 銀座並木通り/小田急新宿/伊勢丹新宿/大丸心斎橋/大丸神戸

Print Friendly, PDF & Email
TAG