【SIHH2018 PANERAI】“デカ厚”人気を牽引してきたパネライから、歴代最小となる38㎜径のルミノール ドゥエが誕生(パネライ)

パネライは時計店として1860年創業後、イタリア海軍の要請で防水時計を手がけ、1936年には自社開発の蛍光ラジオミールを使ったダイバーズを完成させる。一般販売は1993年に開始。2005年からは自社製キャリバーを積極展開している。SIHH2018では、歴代最小となる38㎜径の最小サイズが登場し話題となった。

「ロゴ」の世代交代とついに登場した38㎜の最小サイズが話題

長らく“デカ厚”人気を牽引してきたパネライから、歴代最小となる38㎜径のルミノール ドゥエが誕生。これで同シリーズは42㎜、45㎜と合わせ3サイズから選択可能になった。一方、2針のルミノール ベース ロゴは44㎜径を堅持しながら自社製キャリバーを搭載。両コレクションとも、大きな変革期を迎えたパネライの新機軸として期待される。また、複雑系では30秒トゥールビヨンを搭載したスケルトンの2作が注目を集めた。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG