五輪の5色をセットでいかが? オメガの日本限定スピードマスターは東京オリンピック特別仕様が満載だった

先日発表されたウルトラマン仕様の特別限定スピードマスターが速攻で完売したばかりのオメガから、再び新作が一挙に5本も発表されました。このモデルは、2020年の東京オリンピックでオメガが公式タイムキーパーを務めることを記念して製作されたもの。2018年7月24日よりオメガブティックで発売となります。日本限定だからと気を抜いていると、好きな色はなくなってしまうかも!?

 

タキメータースケール付きベゼルを「五輪」の5色に

オメガのスピードマスターは、1969年のアポロ11号による月面着陸に携行された腕時計として知られる名作中の名作。この伝説的な手巻きクロノグラフは、1957年の誕生以来、実に多くの派生型や限定機を生み出す基盤ともなってきました。
そうした歴代モデルがまたコレクター心をくすぐり、熱心な愛好家を生み出すことになっていくのです(インスタグラムで #speedytuesday と検索すれば、ファンのスピマス愛がわかるはず!)。

そんな世界中で大人気のスピードマスターに、この度、日本限定のスペシャルモデルが登場します。この時計の発表に際しては、本社副社長のジャン-クロード・モナション氏も訪日する力の入れよう。

同氏が、「この時計は、オリンピックの五輪にちなんだ5色のベゼルを持っています。それに合わせて文字盤もデザインしました。インデックスなどに使ったゴールドは、勝者の象徴です」と語ったとおり、新作は2020年に開催される東京オリンピックをイメージしたものとなっています。

五輪のカラーで用意された日本限定「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ」68万400円(ステンレススティールケース)、84万2400円(ステンレススティール&ゴールドケース)。直径42mm/厚さ13.85mm。50m防水

 

青、黄色、黒、緑、赤のベゼルカラーの違いに合わせて、文字盤も異なるデザインに仕上げられています。

現行スピードマスター プロフェッショナルと同様のサイズで、安定感のある着け心地
ケースバックは東京オリンピックのロゴのレリーフ入り。外周にはシリアルナンバーも刻印される

限定本数は開催年にちなんで2020本ですが、実はこのシリアルナンバーとは別に5本ワンセットのスペシャルボックスセットも用意されています。こちらは限定55セットで、こちらに限り5色の交換用レザーストラップが付属。

日本限定5本セットは437万4000円

東京オリンピックのために作られた日本びいきな限定仕様は、出場する人も応援する人もぜひ手に入れておきたいところでしょう。「まだ2年ある」とか、「日本限定で2020本あるなら」とか考えていると、国内外に無数にいる熱烈なスピマスファンに先を越されるかもしれませんよ!

 

オメガは2032年開催のオリンピックまで、公式タイムキーパーを務めることが決定している
TAG