“半端ない”キックで魅了!「ウブロ 乾貴士×大迫勇也 チャリティーイベント」

スイス時計ブランドのウブロが、サッカー・乾貴士選手(レアル・ベティス所属)と大迫勇也選手(ヴェルダ―・ブレーメン所属)を迎え、今年7月に発生した豪雨の被災地への募金を目的とした「ウブロ 乾貴士×大迫勇也 チャリティーイベント」を開催しました。ふたりといえば、『2018 FIFAワールドカップ ロシア』で得点を挙げるなど、日本中を熱狂に巻き込んだ立役者。日本列島を歓喜の渦に巻き込んだあの日のように、この日も“半端ない”キックで子どもたちを魅了しました。

イベントを通じ、豪雨被災地に合計170万円を寄付

イベントを終え、子どもたちと記念写真を撮影する、乾選手と大迫選手

この日、イベントには未来の日本代表を目指し、日々サッカーの練習に励む小学生20名が集結! 乾選手チームと大迫選手チームに分かれ、ミニゲームを行いました。ちなみに乾選手と大迫選手は、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にも一緒に出演するなど、フィールドの外でも親しい間柄。この日は敵チームとして、子どもたちとともに汗を流しました。

ゲームに勝利したチームは、その後、キックターゲットに挑戦!

しっかりと的にゴールを決めた大迫選手

ターゲットとなる的の部分には金額が書かれており、見事命中したターゲットの合計金額を寄付する仕組み。子どもたちも一生懸命にターゲットを射抜くなか、最後には乾選手と大迫選手もシュートを決め、合計金額は170万円に。なお今回のチャリティーで獲得した全額が、日本サッカー協会を通じ、今年7月に発生した豪雨の被災地へと寄付されます。

日本中に勇気と感動をもたらしたふたりのヒーローは、イベント終了後「元気な子どもたちと一緒にサッカーができて楽しかったです。自分たちも元気をもらえたので、新しいシーズンに向けて、がんばりたいと思います。微力かもしれませんが、 今後もこういったチャリティー活動は継続的に取り組んでいきたいです」と感想を語りました。

今回のイベントでもしっかりと決めるところを決めた乾選手と大迫選手。“憧れのヒーロー”との時間を過ごした子供たちにとっても、かけがえのない1日となったことでしょう。

 

【さらに詳しく!】HUBLOTの新作はコチラから!

TAG