【バーゼル注目作も一挙紹介!】歴史やマニュファクチュールから紐解くオメガ入門

オメガは、毎年100本以上の新作時計を発売する、いまスイス時計界で最も勢いのあるブランドのひとつ。
リキッドメタルやフルセラミックケース、ナイアードロックなどの独自開発でも他社の追随を許しません。

今回は、そんなオメガの魅力をブランドの歴史や2017年にリニューアルされたばかりの最新マニュファクチュール案内と共にご紹介します。

あわせて、バーゼル最新作もピックアップ。
1948年製シーマスターの意匠を忠実に再現したモデルや、アポロ8号ミッションから50周年を記念して作られた時計まで、オメガの歴史を体現したデザインは要チェックです!

<オメガの歴史>

1848年、時計師のルイ・ブランがジュラ山脈のラ・ショー・ド・フォンに創設した工房からオメガの歴史がスタート。
ムーブメントを自社一貫生産する「マニュファクチュール体制」の早期導入や複雑時計の製造など、創業当初から時計界で頭角を現していました。

 

1882年、オメガはスイス北西部の「ビール/ビエンヌ」に本拠地を構えました。
1894年には「究極」の意味が込められた伝説の新型高性能ムーブメント「キャリバー19」(別名オメガキャリバー)が誕生。
現在の体制へと続く様々な礎が築かれていきました。

<マニュファクチュール>

2017年11月、ビール/ビエンヌに「組み立て、トレーニング、検査と証明書の発行」の3部署が統合された新工房が完成。
工房内の更なる効率化を図るとともに、2015年にMETASとオメガが共同で制定した新時計規格「マスター クロノメーター」の量産体制をより本格化させるための施設です。

写真は、「セントラルストック」。ロゴの入った箱にはそれぞれ異なる時計のパーツが収納され、作業の量や内容によってロボットが出し入れを行います。

こちらは、「建築界のノーベル賞」と呼ばれるプリツカー賞などを受賞した日本人建築家「坂茂」さんによる新工房の建築模型。5階建てで、フロアごとに作業が異なります。

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG