【バーゼルワールド2018 CITIZEN】創業100周年を祝し、クオーツ技術への決意を示すコンセプトモデルなど魅力作がずらり(シチズン)

シチズンは、耐震装置付腕時計「パラショック」(1956年)をはじめ、国産初となる数多くの技術開発で知られる名門。1976年に世界で初めて太陽電池充電式のアナログクオーツ式腕時計を、1993年には世界初の多局受信型電波時計を開発した。

創業100周年を迎え壮麗ブースと魅惑のコレクションを用意

創業100周年を迎えたシチズンは、まずバーゼル会場のブースで人々を魅了した。傘下のブローバも含めた広い敷地に、世界的な建築家の田根剛氏が壮麗な空間を演出。偉大な節目を祝う作品も素晴らしく、クオーツ技術への決意を示す年差±1.0秒のコンセプトモデルから、「光が時に変わる瞬間」をイメージしたゴールド&ブラックの記念限定モデルなど魅力作がずらり。エコ・ドライブ ワンにも新作を揃えてファンの期待に応えた。

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG