ブルガリを代表するメンズウオッチ「ブルガリ・ブルガリ」初のブロンズケースに自分の歴史を刻む

1975年に特別な顧客のために作られた初代の意匠を受け継ぐ「ブルガリ・ブルガリ」に、ブルガリ初のブロンズケースウオッチが登場します。ひと目でそれとわかるダブルロゴベゼルを備えたラグジュアリーウオッチに、経年変化する素材の組み合わせが新鮮な一本。これは売れそうな予感!!

 

経年変化するブロンズの「ブルガリ・ブルガリ」を自分だけの一本に育てる歓び

「ブルガリ・ブルガリ」は、1975年にVIPへの贈答用として誕生後、翌年に商品化された「ブルガリ ローマ」を経て1977年に発売されたモデルです。BVLGARI BVLGARIと銘打たれたベゼルを備えたセンセーショナルなデザインは、瞬く間に世界中で話題を呼びました。

以来40年以上にわたり、ブルガリの腕時計の代表作となっている「ブルガリ・ブルガリ」に、ブランドとして初めてケースにブロンズを使ったモデルが登場します。

ステンレススチールやゴールドとは異なる重厚感を醸し出すブロンズケースは、使い続けることで表情が変わっていく点が魅力。時計を身につけるときの持ち方や、時刻合わせなどでリューズを回す際のクセなど、頻繁に触れる箇所を中心に生まれるパティナ(=古艶)は、ビンテージウオッチを彷彿とさせる自分だけの“味”となるのです。

バリエーションは、オールブロンズ、DLC加工SS×ブロンズベゼル、DLC加工SS×ブロンズリューズという、組み合わせの異なる3種類がラインナップ。いずれも文字盤はブラックラッカーグレインダイアルに、ブロンズのインデックスと針という組み合わせになります。

ブルガリ「ブルガリ・ブルガリ」66万9600円/Ref.102977
ブルガリ「ブルガリ・ブルガリ」53万4600円/Ref.102931
ブルガリ「ブルガリ・ブルガリ」47万5200円/Ref.102929

サイズは、直径41mmの程よく存在感が出せるサイズ。ストラップはレザーとラバーの2種類が付属しているのも嬉しいところ。

ムーブメントは、自社製Cal.BVL 191“ソロテンポ”を搭載しています。全体の厚みが8.7mmにまで抑えられているのでシャツの袖口にも干渉しにくく、スーツスタイルでも効果的にブロンズ素材をチラ見せできます。

ブロンズケースの「ブルガリ・ブルガリ」を纏うイタリア人歌手で、ブランドアンバサダーのマッテオ・ボチェッリ
© david atlan

最近の腕時計は、シンプルでクラシックなデザインのものが売れ筋だそうですが、「ブルガリ・ブルガリ」は、まさにドンズバのシンプルクラシックウオッチ。ローマで生まれた洗練のデザインを、最新作のブロンズケースで自分色に育ててみたら、 きっと使い込むほどに愛着が増すはずですよ。

 

ブルガリの歴史と最新作はコチラ

【ブランドの教科書 BVLGARI】一大時計グループを構築するイタリアの巨星(ブルガリ)

 

Print Friendly, PDF & Email
TAG