反転液晶でもっと黒く! よりゴージャスに!! フルメタルG-SHOCK「GMW-B5000」に早くも2本のバリエーションが登場

初代モデルDW-5000Cの発売から35年。「外装の進化」「構造の進化」「モジュールの進化」をコンセプトに生まれた「GMW-B5000」のニューモデルの発売が開始されました。 取扱店で再入荷が待たれる既存の大ヒット作と同様の美しき外装に、今度は反転液晶が採用されています。果たして、どんな仕上がりになっているのでしょうか!?

反転液晶を採用し、シックな印象に仕上がったニューモデル

秀逸な仕上げが施されたフルメタルケースに反転液晶を組み合わせた2つの新作

初代モデル「GW-5000」のデザインを継承したスクエア型のケースに、初の完全メタルケースが採用された「GMW-B5000」は、発売と同時に大きな話題となりました。

同モデルは、G-SHOCKのコアテクノロジーである中空構造を見直すことで、耐衝撃構造が進化。メタルベゼルと本体ケース部の間にファインレジン緩衝体を挟み、フルメタルケースでも耐えうる新たな耐衝撃構造となっています。
また、もっとも衝撃が加わるバンド取り付け部には、高い耐衝撃性を誇るTROGAMID®(トロガミド®)を採用。バンド取り付けパイプに加わる衝撃も低減しています。加えて、見やすさにもこだわり「フィルムソーラーセル」や斜めの角度からでも時刻表示が判読しやすい「STN-LCD( 液晶)」を用いることで、視認性の向上も追求されています。

今回の新作は、フルメタル化を実現したケース・ベゼルに、鮮やかな発色を実現するIP(イオンプレーティング)表面処理を施した、ブラックと ゴールドの2モデルをラインナップ。ブレスレットをヘアライン仕上げにし、反転液晶をセットすることで、シックで高級感あふれるフルメタルG-SHOCKの魅力を最大限に引き出しています。

GMW-B5000GD-9JF 7万3440円
GMW-B5000GD-1JF 7万3440円

機能面ではBluetooth® 通信機能と、世界6局の標準電波に対応する「マルチバンド6」を搭載。専用アプリケーション「G-SHOCK Connected」との連携により、インターネット上のタイムサーバーから正確な時刻情報が取得できます。この機能があれば、たとえEU加盟国でサマータイムが廃止されても簡単に対応できるでしょう。
また、カシオ独自の省電力技術によるタフソーラーで、安定的な駆動を可能にし、高輝度なフルオートLEDバックライトや、ワールドタイムなどの実用性も抜群。世界中で正確な時刻が表示できる「グローバルベーシック」を追求する、正統進化を果たしています。

初代から受け継がれるスピリットはそのままに時計としてのクオリティがさらに進化したフルメタル仕様の「GMW-B5000」。ブラックとゴールドという鉄板カラーに、反転液晶を備えたニューカラーも、大ヒットすることは間違いなさそうです。

 

【さらに詳しく!】今回のベースモデル「GMW-B5000」の詳細はコチラ

TAG