【ボーム& メルシエ 新作時計2018】日本上陸50周年! ヴァル・フルリエ&リシュモンと共同開発した新型キャリバー・ボーマティックがハイライト(BAUME & MERCIER)

ボーム& メルシエは、1830年にボーム兄弟会社として創業。伝統の技術に基づく高品質と、独創的なデザイン性を持った時計製作で知られる。「ハンプトン」(1994年)や「ケープランド」(1998年)など、時代の先端を行く人気ラインを生み出してきた。

リシュモンのムーブ開発部門&ヴァル・フルリエで共同開発

ヴァル・フルリエ&リシュモンと共同開発した新型キャリバー・ボーマティックがハイライト。2層のシリコンの角度を変えて結合するTwinspir™技術を用いたシリコン製ひげゼンマイの他、香箱や耐震装も高性能化。1500ガウスの耐磁性や5日間駆動のハイスペックも魅力だ。

クリフトン ボーマティック COSC 35万6400円/Ref.M0A10436

耐磁性、計時精度、作動時間、永続性という、現代の機械式時計に要求される4点を向上させた新キャリバーをベーシックなデザインに搭載。本機のみCOSC認定の証明付きだ。

クリフトン ボーマティック 42万1200円/Ref.M0A10401

SSケースのバリエ―ション。価格は、非COSCのレザー仕様が32万9400円、ブレスレット仕様は35万1000円。非COSCのブレスとCOSCレザーが同じ価格なのが悩みどころ。

ケープランド 日本上陸50周年記念限定モデル 49万6800円/Ref.M0A10437

同社が日本に上陸して50年を迎えることを記念した日本特別限定モデル。日本市場で人気の高いケープランドに、レギュラーにはないバーインデックスや白青カラーを採用した。

 

【さらに詳しく!】ボーム&メルシエの代表作はコチラ

TAG