【ジャケ・ドロー 新作時計2018】“孤高の天才時計師”の創業から280年。人気モデルのグラン・セコンドを中心に多彩な新作が登場(JAQUET DROZ)

ジャケ・ドローは、オートマタや複雑機構を数多く生み出し、“孤高の天才時計師”と呼ばれたピエール-ジャケ・ドローが創業。各国の王侯貴族から熱烈に支持され、エナメルなど中世の宮廷文化を彷彿とさせる優雅な造形美は世界的に評価が高い。

280年の遺産を継承しながら現行を進化させる

今年は、280周年という偉大なアニバーサリーを迎え、ジャケ・ドローを代表する人気モデルのグラン・セコンドを中心に多彩な新作が揃った。初めてのスケルトンや初のイエローゴールドに挑戦するなど、遺産を継承しながらも美に対する追求は現在も続いている。

グラン・セコンド トリビュート 251万6400円/Ref.J003031200

創業280周年を記念して、ブランドのアイコンモデルに初めてイエローゴールドを採用。ローマ数字とアラビア数字の各インダイアルを交差させる、約3世紀前から続く意匠を受け継ぐ。ダイアルはグラン・フー エナメルだ。

グラン・セコンド スケルトン 395万2800円/Ref.J003524240

グラン・セコンド初のスケルトンモデル。スモールセコンドを備えたサファイアクリスタル製ダイアルを通して、内部まで見渡せる。ローターも限界までカット。

グラン・セコンド ムーン ブラックエナメル 339万1200円/Ref.J007533201

1秒に40回も羽ばたくハチドリ、ヤシの間から現れるトカカク、9時位置には優雅に舞う3匹のトンボ。オートマタとリピーターを同時搭載した超複雑時計。

 

【さらに詳しく!】ジャケ・ドローの代表作はコチラ

TAG