G-SHOCK生誕35周年! 「原点回帰」をテーマに90年代の名機が復活――G-SHOCK「DW-5900」

今年、生誕35周年を迎えた「G-SHOCK」は先日、「原点回帰」をテーマに、90年代の名機「DW-5900」を復活させることを発表しました! 90年代といえば、G-SHOCKが日本でも大ブレイクした記念すべき年。ファンならぜひチェックしておきたい1本でしょう。

海外発でヒットした名機が、2018年ついに復活!

DW-5900-1JF 1万1880円

「DW-5900」は、 G-SHOCK初期のデジタルベーシックモデルで、従来の液晶搭載モデルと比べ、斬新な3つのデジタルグラフィックを搭載。当時、海外先行で発売され、世界的に人気となったモデルでもあります。その後、逆輸入で日本でもブレイクしました。そのモデルがG-SHOCK35周年を記念して、「原点回帰」の名のもとに、なんと11月から復活するのです!

発売当初のデザインを、文字板表記の色に至るまで忠実に再現。また、基本スペック であるストップウオッチ、タイマーに加え、ELバックライトなど実用的な機能も備えています。 3つのデジタルグラフィックを採用するロングセラー「DW-6900」シリーズの元祖ともいえる名機「DW-5900」。35周年を迎えた 2018年、再び大きなムーブメントを巻き起こすかもしれません。

<DW-5900の機能一覧>

• 耐衝撃構造
• 20気圧防水機能 • ワールドタイム:世界48都市(29タイム ゾーン)の時刻表示、サマータイム設 定機能付き
• ストップウオッチ(1/100秒、60分計、ス プリット付き)
• タイマー(セット単位:1分、最大セット: 24時間、1秒単位で計測)
• 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機 能付き)・時報 • 電池寿命約5年
• フルオートカレンダー
• 12/24時間制表示切替
• 操作音ON/OFF 切替機能
• EL バックライト(残照機能、残照時間 切替(1.5秒/3秒)付き)

 

【さらに詳しく!】G-SHOCKの歴史はコチラ

TAG