“ドライバーのための腕時計”として、一世を風靡したデジタルウオッチをリメイク! セイコー×ジウジアーロ・デザインによるコラボウオッチ

1983年。セイコーと、自動車デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロ氏が設立した「ジウジアーロ・デザイン」によるコラボウオッチが誕生。今回その35周年を記念して、一世を風靡した同ウオッチのリメイクモデルが数量限定で発売されます。11月23日(金)販売開始です。

「ドライバーのための腕時計」は、機能主義的なデザインが際立つデジタルクロノグラフ

GIUGIARO DESIGN Limited Edition 左・SBJG001 3万780円、右・SBJG 4万2120円※各3000本限定

1983年。セイコーとジウジアーロ・デザインがコラボレーションして生み出したのは、「ドライバーのための腕時計」。ジウジアーロ・デザインならではの機能主義的なデザインが放つ存在感は、大きな話題となりました。

今回その生誕35周年を記念し、1983年発売のデジタルウオッチをリメイクした数量限定モデルが登場。当時のオリジナルモデルと同様に、四輪車や二輪車のドライバーがハンドルを握った時に時刻が確認しやすいよう、ケース正面に対して「液晶デジタルディスプレイが 右に傾斜したレイアウト」を採用。斬新な、ジウジアーロらしいデザインが際立つデジタルクロノグラフに仕上がっています。

また、「ロータリースイッチ」が組み込まれたベゼルを回転させることで、アラーム・タイマー・ストップウオッチなど、多彩な機能を直感的に切り替えることが出来る点も再現されていることにも注目です。

35年のときを経てもなお、色褪せることなく、「ドライバーのための腕時計」が輝きを放ち続けるのは、そこにそれだけ深いこだわりが詰まっている証明です。数量限定。気になる方はお早めに!

 

【さらに詳しく!】セイコーの歴史、代表作はコチラ

TAG