【腕時計ブランドの教科書 SEIKO】世界初のクオーツ腕時計「アストロン」で世界を席巻(セイコー)

2018/6/28 8:00
SHARE ON

日本固有の時計作りでスイス勢と競う

1881年に「服部時計店」としてスタート。1892年には時計製造工場「精工舎」を設立し、掛け時計を製造。その3年後には懐中時計「タイムキーパー」を手がける。そして1913年、国産初の腕時計「ローレル」を発表する。

1892年、掛け時計に続いて 懐中時計の開発に着手。1895年に「タイムキーパー」を完成させる
日本国内では懐中時計が中心 だった1913年に発売した国産初の腕時計「ローレル」
1969年に発表されたクオーツ搭載のアストロンは、従来の機械時計の約100倍の、日差±0.2秒という高精度を実現

1960年にはスイス勢と肩を並べる高級時計「グランドセイコー」を開発。さらに1964年に開かれた東京オリンピックに向けて急ピッチで計時機器の開発を進め、見事に公式計時の座を獲得した。

1969年には、世界初のクオーツ腕時計「アストロン」で世界を席巻。さらに1990年代の「スプリングドライブ」、2012年の「GPSソーラーウオッチ」など、機械式に捕われず独自開発のハイテクノロジーで高精度・高機能を追求。2017年には「グランドセイコー」が独立ブランド化した。

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG