【スイス時計の良心】オリス航空時計の100年

1938年の革新的な航空時計「ビッグクラウン」誕生から 80年。オリスの航空時計には、 1世紀以上にわたる経験と最先端の時計製造技術、栄光の歴史と伝説を凝縮されています。

 

個性的な機能とデザインは先駆的なオリス哲学に起因

1904年に創業して以来、オリスは機能をデザインに反映させた独自の“オリススタイル”で愛されている古参ブランド。こだわりのディテールに実用的な機構を搭載した機械式時計は評価が高く、現実的な価格設定も魅力となっています。

なかでも1938年に発表された「ビッグクラウン」は、フライトグローブを着けたままでも操作しやすい大型リューズにより、米軍パイロットたちから喝采を受けました。専用針で日付表示を行うポインターデイト機能も備えたこのモデルは、視認性の高さと日付合わせの簡便さもあって世界的な大ヒットを記録。パイロットウオッチのエポックメイキングモデルとなったのです。

【1938年】ビッグクラウンとポインターデイトを備えた最初の航空時計が誕生

さらにそれ以前、オリス最初の航空時計は、第一次世界大戦前の航空黎明期に登場していました。ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した1903年からわずか8年後にパイロット用懐中時計を発売し、1917年にはパイロット用腕時計を発表。それらシンプルで視認しやすいダイアルは、燃費計算やナビゲーションに欠かせない“道具”として絶大な信頼を獲得したのです。

【1911年】オリス初のパイロット用懐中時計。ルイ・ブレリオによる1909年のドーバー海峡横断飛行シーンが描かれた
  1. 1
  2. 2
  3. 3
View All
TAG