ウオッチコーディネーターたちが選んだ2018年 最高の1本はロレックス「GMTマスターⅡ」/カルティエ「パンテール」に決定!

 2018インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー決定!

一般社団法人の日本時計輸入協会が主催するインポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤーの2018年モデルが決定しました。

グランプリの選考は、2018年11月現在で2136名(上級CWC含む)いる全国のウオッチコーディネーター資格取得者が、この一年以内に市場投入された輸入腕時計を対象に「お客様に一番推薦したいモデルは?」(本年度はモデル単位ではなく、シリーズ・コレクション単位)というシンプルな基準に対する投票によって行われました。

投票の結果、メンズとレディスのグランプリに輝いたのは、ロレックス・GMTマスターIIと、カルティエ・パンテールという誰もが納得の結果に。

Vincent Wulveryck (c) Cartier

メンズのロレックス・GMTマスターIIには、『新しいムーブメント、さらに高められた堅牢性、アイコン的なデザインはお客様へ自信を持って推薦できる』『セラミックベゼルの採用で光沢感が増し、ひときわ目を引くカッコいいデザイン』など、レディスのカルティエ・パンテールには、『女性らしいデザイン、宝飾の装飾性、ブランド力、全てでお客様に推薦できる』『最も日本人女性にフィットする時計であり、長期使用に応えられる不変性を持つ』といった理由が寄せられたそう。

こうしたコメントは、まさに腕時計とユーザーのニーズを熟知しているウオッチコーディネーターならでは、といえるでしょう。

  1. 1
  2. 2
View All
TAG