新作・複雑時計部門! 2018年のベスト5はどれだ!?――腕時計最強ランキング2018

先人たちから受け継いだ人類の叡智を1本の時計に凝縮。かつてトゥールビヨン全盛期だったこともありますが、現在は正統派コンプリと革新的コンプリが華やかに競演しています。それでは腕時計最強ランキング2018、新作・複雑時計部門のランキングをどうぞ!

 

【新作・複雑時計部門 第1位】
世界で初めて時・分・秒の積算計すべてにスプリット針を装備

A.ランゲ&ゾーネ「トリプルスプリット」/Ref.424.038(予約受付終了)

スプリットセコンド・クロノ グラフは2つの時間を同時に計測できる、クロノグラフで最上位にランクされる複雑機構。通常はクロノグラフ秒針と、途中計測用の秒針が2本重なって動きますが、専用ボタンを押すと途中計測用の針だけがその場で停止して1つ目の計測結果を表示。次にストップボタンを押すと、クロノグラフ秒針も止まって2つ目の計測結果を表示します。

ですが、どちらも秒針のため、計測可能なのは60 秒以内。それを最長30 分まで可能にしたのが2004年発表のダブルスプリットです。さらに2018年のトリプルスプリットは、計測可能時間を30 分から12時間へ大幅に延長。現在のランゲにしか実現 できない超絶時計である。

 

【新作・複雑時計部門 第2位】
PRO部門1位タイ! 人気の高い2つの複雑時計を1本に

パテック フィリップ「ワールドタイム・ミニット・リピーター」 時価/Ref.5531

ミニッツリピーターとワールドタイムを統合した同社初の複雑時計で、12時の都市の現地時刻を音で知らせるのは世界初。ゴングは地板でなくケースに直接取り付けたため響きが美しいのが特徴です。

 

【新作・複雑時計部門 第3位】
衝撃度No.1の独創的なメカニズム

HYT「H2.0」 1475万2800円/Ref.251-AD-46-BF-RU

ガラスチューブの中を青い液体が進み、端に着くと圧力が抜けて液体が起点に戻るレトログラード式で時表示。分表示はセンター針で行います。未来的デザインが秀逸。世界限定25本。

 

【新作・複雑時計部門 第4位】
実用コンプリNo.1! 2時間帯表示とアラームを同時搭載

ブレゲ 「マリーン アラーム ミュージカル 5547」 334万8000円/Ref.5547TI/G2/9ZU

3時インダイアルでアラーム設定時刻、9時インダイアルで第2時間帯を表示する実用的コンプリ。8時ボタンでオン/オフできるアラームの持続時間はダイアル左上の小針で確認できます。

 

【新作・複雑時計部門 第5位】
永久カレンダーNo.1! 袖口に収まる複雑時計

オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク RD#2」 価格未定(2018年12月時点)/Ref.26586PT.OO.1240PT.01

従来3層だったカレンダー用カムを1層に再構築し、ブリッジを省いてムーブメントを文字盤で挟んで固定したパーペチュアルカレンダー。フルプラチナ製ながら装着感は軽快です。

 

※このランキングは、PRO(正規店)部門のランキング上位モデルや、WATCHNAVI編集部が選んだ有力な新作から、5モデルをノミネート、読者部門の得票数のみで順位を決定しています。

【さらに詳しく!】最強腕時計ランキング2018「今年の傑作(総合ランキング1位)」はコチラ

TAG