選ばれし者のみが手にできる至高の“ブレゲ・ブルー”エナメルダイアルに酔いしれる「ブレゲ クラシック 5177 グラン・フー・ブルーエナメル」

“時計界の進化を2世紀早めた”と称される天才時計師が創業した「ブレゲ」の直系ブランドから、通常のエナメル文字盤よりも高度な技術を要する「グラン・フー・エナメル」と、ブレゲ・ブルーを組み合わせた新作が発表されました。誰もが心をときめかすこと間違いなしの高貴なるブルーを、ご覧ください。

いままでにない濃さを実現した「ブレゲ・ブルー」が放つ美しさ

ブレゲ クラシック 5177 グラン・フー・ブルーエナメル 277万5600円/Ref. 5177BB/2Y/9V6(今夏入荷予定) 18KWGケース/38㎜径/3気圧防水

ブレゲの現行コレクション「クラシック 5177」の新作は、“グラン・フー・エナメルの文字盤”に初めてブレゲ・ブルーを取り入れたモデルです。この独特のカラーは、現代的な印象を醸しながら、ブレゲのエレガントでシンプルな美しいスタイルを引き立てています。

2019年発表の新しい「ブレゲ クラシック 5177 グラン・フー・ブルーエナメル」は、ブレゲらしいネオクラシック様式をベースに、そこに新鮮なタッチを加えています。その核となるのが、文字盤のカラーです。それは、グラン・フー・エナメルによる、今までにない濃い青「ブレゲ・ブルー」です。

ブレゲ・ブルーは、摂氏800℃の炉で焼く間も完全に安定した色を保たなくてはならず、また同時に、グラン・フー・エナメルならではの独特の質感を生み出すことは非常に高度な技術を要します。また針を見やすくするために、スティールのブレゲ針にロジウム仕上げを施し、ブルーの背景からくっきりと際立つようにしてあります。同様に視認性を求めて、チャプターリングのアラビア数字や星、ダイヤモンド、百合のモチーフなどはシルバー色にして、サイズも若干大きくしています。また、これらはパウダーで微妙にかたどられ、極めて繊細に盛り上がっているなど、細部にまで徹底したこだわりを見ることができます。

「グラン・フー・ブルーエナメル」に搭載されているキャリバー777Qは、審美的で、とくに歯車の形状などは、18世紀末期のブレゲ製のものを思わせます。 またキャリバーを含む自動巻ムーブメントを構成する部品は、外部から見えるものも見えないものも、すべてブレゲ・マニュファクチュールの職人が面取りやペルラージュ、ブラッシング、コート・ド・ジュネーブといった技法を駆使して繊細に仕上げています。

裏蓋には個別番号が刻まれるため、見た目は似ていても、正確には世界にひとつだけの1本。さらにオーナーは、時を超えたエレガンスを愛する現代のブレゲ愛好者のサインとして、自身の名を1780年から続くブレゲの台帳に登録することもできます。

天才時計師が生み出した「ブレゲ」。その歴史とエレガンスを、あなたの腕元に添えてみてはいかがでしょうか?

 

【こちらもオススメ!】ブレゲの歴史、代表作はコチラから!

TAG