モーリス・ラクロアの人気シリーズ「アイコン オートマティック」の新作モデルが登場!

スイスの高級時計ブランド「モーリス・ラクロア」の1990年代を代表する名作「カリプソ」。そのDNAを継承する現行コレクションが、人気沸騰中の「アイコン オートマティック」です。この要注目作に、このほどドレス系スポーツウオッチにアンスラサイトダイアルの新色が加わることになりました。

モーリス・ラクロアを象徴する大人気モデルの新作

アイコン オートマティック 19万9800円(カーフレザー)/Ref.AI6008-SS001-331-1 直径42mm、ケース厚11mm(4月発売予定)

1990年代のモーリス・ラクロアを代表するモデル「カリプソ」。その復刻版として2016年に登場したのがクオーツモデルの「アイコン」です。そして2018年に「アイコン オートマティック」が登場すると、多方面から大きな反響を獲得し、モーリス・ラクロアを象徴する大人気モデルとなりました。

そして現在、一体化した防水ケース、6つのアームをあしらったベゼルなど、「カリプソ」のDNAを継承した「アイコン オートマティック」は、その名の通りブランドの「アイコン」となっています。

今回登場した『アイコン オートマティック』(アンスラサイト ダイアル)は、20気圧防水、簡単にストラップの着脱・交換が可能なイージーチェンジャブル機能、丁寧な仕上げなどの“知覚価値”は従来のまま。注目すべきは文字盤です。落ち着いたアンスラサイト(濃炭色)カラーのダイアルに、クル・ド・パリ装飾を施し、ゴールドのインデックスを組み合わせることで、従来のアイコンシリーズとは一線を画す、大人のスポーティー&エレガントウオッチに仕上がっています。

“大人の男”を演出してくれる『アイコン オートマティック』は、ビジネスシーンにも使いやすい1本。加えて、レザーストラップなら税込20万円以下と、手の届きやすい価格設定なのも、うれしいところでしょう。

【こちらもオススメ!】モーリス・ラクロアのその他のモデルはコチラから!

TAG