バーゼルワールド2019! 編集部が惚れた珠玉の8本(後編)――ゼニス、ウブロ、パテック フィリップ、ロレックス

世界最大の時計見本市「バーゼルワールド」。編集部が惚れた2019年、珠玉の8 本をご紹介します!【後編】

 

♯5 ゼニス:たった一つの部品で時間を刻む 革新技術オシレーターを量産化

デファイ インベンター Ref.95.9001.9100/78.R584 220万3200円(10月発売予定)
44㎜径のチタンケースに、オシレーターCal.9100を収め、アルミポリマーの合成素材アエロナイト製ベゼルをセット。チタンの3倍も軽いアエロナイトは石のような表面も特徴で、表情をアヴァンギャルドに引き立てる

3世紀以上も機械式時計の心臓部を担ってきたテンプが消滅。1秒を刻む調速機構は通常なら30個ほどの部品が必要でしたが、たった1ピースの単一結晶シリコン=オシレーターに置き換えられました。これで機械式の弱点だった部品の消耗がなくなり、温度変化や磁気の影響も受けにくくなりました。2年前に10本限定発売された試作品と違って、今回の量産モデルは12万9600振動へ20%高振動化。前衛的なオープンダイアルから鑑賞できるオシレーターがビートを刻む様子は、まさに機械式時計の革命であり、感動的な光景です。

問:LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス TEL.03-5677-2091
https://www.zenith-watches.com/jp_jp/

 

♯6 ウブロ:フェラーリの聖地 マラネッロで 外装をデザイン

上:クラシック・フュージョン フェラーリ GT 3Dカーボン Ref.526.QB.0124.VR 312万1200円(9月発売予定)
下:クラシック・フュージョン フェラーリ GT チタニウム Ref.526.NX.0124.VR 251万6400円(9月発売予定)
マラネッロのデザインセンター「Centro Stile Ferrari」で、フェラーリの美学が注ぎ込まれた最新モデル。12時位置に跳ね馬を配し、アッパーケースは4本のネジで固定される。45㎜径

2011年に始まったフェラーリとのパートナーシップが進化しています。今回初めて自社製ムーブメント“ウニコ”を採用したクラシック・フュージョンは、イタリア・マラネッロ のフェラーリチームが外装デザインを担当し、グランツーリスモの世界観を表現した限定モデル。ケース素材は、3次元繊維で作られた堅牢なポリマーマトリックスコンポジット=3Dカーボン(世界限定500本)の他、チタン(世界限定1000本)、キングゴールド(世界限定500 本)の3種類。流麗なケースデザインは、まさにフェラーリのGTカーを思わせる美しさです。

問:LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ TEL.03-5635-7055
https://www.hublot.com/ja/

 

♯7 パテック フィリップ:SSケースに手書き風フォント。意外性のあるカラトラバに複雑機構を搭載

カラトラバ・ウィークリー・カレンダー Ref.5212A 394万2000円(今秋発売予定)
シルバーダイアルに、ブラック仕上げゴールドのインデックスをセット。外周に月と週表示、内側に曜日表示を配し、どちらもポインター針で指し示す。40㎜のSSケースに新開発の自動巻きCal.26-330 S C J SE搭載

年間予定として欧米でよく使う週番号表示は、目盛りが53週まであります。2020年のように何年かに一度、53週あるからです。文字盤フォントは手書き風で、ヴィンテージ調に表情を整えるのに一役買っています。また、歯車にバネ性を持たせることができるLIGAで3番車を成型し、センター秒針のブレを抑えた新開発キャリバーも特筆ものです。そしてもう一つ、SSケースの採用も同社としては珍しい。実に多くの“ユニーク”が詰まったカラトラバなのです。

問:パテック フィリップ ジャパン・インフォ メーションセンター TEL.03-3255-8109
https://www.patek.com/ja/

 

♯8 ロレックス:昨年の赤青ベゼルに続いて 青黒ベゼル仕様が進化

オイスター パーペチュアル GMTマスターⅡ Ref.126710BLNR 95万400円(予価)(今春発売予定)
1955年に誕生し、後にパンナム航空のオフィシャルウオッチにもなったパイロットウオッチの最新作。昼夜に色分けされた両方向回転ベゼルはブルー×ブラックのセラミック製で、長期間使っても傷が付きにくい

第2時間帯が読み取れるGMTマスターⅡに、高精度クロノメーターCal.3285を昨年初搭載。赤青ベゼルが話題となりましたが、今年は青黒ベ ゼル仕様に同ムーブメントを搭載してジュビリーブレスをセット。もちろんセラミックインサートは、2色を別々に作ってつなぎ合わせるのではなく、 1つの部品を焼結工程での化学反応により着色しているため、 堅牢性に優れています。24時間目盛りもPVD加工によるプラチナコーティングですから、経年変化で薄くなったりすることもありません。実にロレックスらしい高級実用時計に仕上がっています。

問:日本ロレックス TEL.03-3216-5671
https://www.rolex.com/ja

 

【あなたにオススメ!】バーゼルワールド2019関連の記事はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ