2019年の新作一挙紹介! シャネル編――バーゼルワールド2019

2019年のシャネルの新作、あなたのお気に入りは?

 

時計界の常識を揺るがしたJ12が20周年を前に大進化

J12 ファントム 70万7400円(予価) 8月発売予定
COSC認定の新型キャリバー12.1を搭載した新J12のファントム仕様。あえてデイトを省き、インデックスまで同色としたラッカー仕上げのブラックダイアルが印象的。インデックスがアプライドのため、時刻確認に問題はない。直径38㎜。200m防水。自動巻き

 

2000年に発表されたシャネル初の機械式時計にして現在に続くロングセラーJ12が、ついにシースルーバックとなって劇的な進化を遂げました。ローターが個性的な新キャリバーをはじめ、全体の70%を変更したものの見た目は既存モデルと大きく変わらず、アイコニックなデザインを堅持しています。流麗かつエレガントで、さり気ないその装いが素晴らしい。この他、“ノワール(黒)”をテーマにした限定モデルも登場。激しい争奪戦は必至です。

シャネル新作フォトギャラリーはコチラ!

 

何も変えずにすべてを変えた新J12

J12の生みの親=ジャク・エリュのデザインが完璧だっただけに、新J12の担当者は、意匠を変えずに新しさをどう見せるか苦心したといいます。しかし細部を見れば、変更点を大いに見つけられるはずです。

J12 83万7000円
新J12はブレスの最初のコマを大きくして、腕に乗せた際の立ち上がりをすっきりさせるなど、全身がよりエレガントになった。インデックスに12個のダイヤモンドをセットしたこのバリエーションにも気品が漂う。直径38㎜。200m防水。自動巻き

 

J12 68万3100円
新J12はレイルウェイの5分刻みの目盛りが大きくなり、ダイアルがワイド化したのに合わせ、針の長さと太さのバランスを調整。リューズは3分の2に薄くなった。よりエレガントでスッキリした表情が目を奪う。直径38㎜。200m防水。自動巻き

 

J12 68万3100円
高耐性ホワイトセラミックと、ホワイトラッカー仕上げのダイアルが好相性。2003年初出時、時計界では思いもよらなかった洗練の“ホワイト”を採用し、一世を風靡したエポックメイキングモデルの現在形だ。直径38㎜。200m防水。自動巻き

 

ブラックを様々に表現して魅せる限定コレクション

J12 エディション ノワール 153万9000円(予価) 今秋発売予定
バゲットパターンのセラミックベゼルとマットダイアル、深みのあるセラミックブレスの輝きがコントラストを際立たせる新生J12のブラックエディション。リューズのブリリアントカットダイヤが絶妙なアクセントに。直径38㎜。5気圧防水。自動巻き。世界限定55本

 

ボーイフレンド スケルトンエディション ノワール 415万8000円(予価) 今秋発売予定
レトログラード式の分表示とジャンピングアワーが特徴的なメゾン初の自社製キャリバーを搭載して2016年初出。そのノワール(黒)仕様。マットなブラックセラミックケースにブラックダイアルが好相性を見せる。直径42㎜。3気圧防水。手巻き。世界限定55本

 

ボーイフレンド スケルトン エディション ノワール 415万8000円(予価) 今秋発売予定
昨年初出のボーイフレンド スケルトンにもオールブラック版が登場。表からネジが見えないなど、デザインを優先して開発した自社製手巻きキャリバー3も、ブリッジやプレートにブラックADLCが施された。縦37×横28.6㎜(厚さ8.4㎜)。3気圧防水。手巻き。世界限定55本

 

【あなたにオススメ!】バーゼルワールド2019は名作揃い! 今すぐチェック!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ