2019年の新作一挙紹介! タグ・ホイヤー編――バーゼルワールド2019

2019年のタグ・ホイヤーの新作、あなたのお気に入りは?

 

特許取得の革新技術を早くも量産モデルに投入

タグ・ホイヤー オータヴィア キャリバー5 COSC Ref.WBE5110.EB0173 45万9000円(6月発売予定)
カーボンコンポジット製ひげゼンマイを備えたキャリバー5搭載の3針式オータヴィア。セラミック製回転ベゼル、スモーキーダイアルが個性を主張する。別売りのストラップやブレスレットが用意され、コレクション内全モデルで交換可能

プレバーゼルでは、カーボンコンポジット製ひげゼンマイが限定ではなくレギュラーモデルのキャリバー ホイヤー02Tに搭載され、注目を集めました。さらにバーゼルワールドでは3針タイプのオータヴィアが搭載するキャリバー5への採用も発表。革新技術ながら、すでに量産ラインに載せられる実行力の高さも特筆です。一方、コネクテッドウオッチの新作は、オリジナルの高性能ゴルフアプリ付き。すでにゴルファーの間で話題となっています。

タグ・ホイヤー新作フォトギャラリーはコチラ!

 

タグ・ホイヤー オータヴィア キャリバー5 COSC

1933年にダッシュボード計器として誕生したオータヴィアは、1962年に当時CEOのジャック・ホイヤーのもと腕時計として復活。脈々と続くDNAを受け継ぎ、3針バージョンのオータヴィアが新たに生まれました!

Ref.WBE5112.FC8266 41万5800円(6月発売予定)
エアブラシで描くブランド初のグラデーションダイアルは、セラミックベゼルとともに深いブルーを採用。針やアラビア数字は、ダッシュボード計器として誕生した1933年製の当時を彷彿とさせるレトロなイメージだ

 

タグ・ホイヤー オータヴィア キャリバー5 COSC

Ref.WBE5111.FC8267 40万5000円
グレースモーキーダイアルにアイボリーインデックスが上品なオータヴィア。丸みを帯びたケースと面取りしたラグは、1960年代に開発された腕時計版オータヴィアを範とする

 

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ

Ref.CAR5A8K.FT6172 296万4600円(6月発売予定)(世界限定500本)
トゥールビヨン、クロノグラフ、COSCの自社製キャリバー ホイヤー02Tに世界初のカーボンコンポジット製ひげゼンマイを採用。チタンケースにブラックPVDを施し、カーボンベゼルをセット。ワインダー内蔵の特製BOX入り

 

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ

Ref.CV201AS.FC6429 55万6200円
タグ・ホイヤーがスポンサーを務め、アメリカで最も危険なレースと呼ばれるインディ500とのコラボモデル。舞台となるインディアナポリスのサーキットロゴをインダイアルに配す

 

タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー 45 ゴルフエディション

Ref.SBF8A8031.82EB0172 21万6000円
同社が開発したゴルフアプリ搭載のゴルファー向けコネクテッドウオッチ。ショットの距離やスコアの記録も可能で、世界3万9000コースに対応。ベゼルの数字はホール数だ
スマホとのデータ共有も可能。プロ並みのデータ分析によりゴルフスキルを向上させよう

 

問:LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー TEL.03-5635-7054
https://www.tagheuer.com/ja-jp

 

【あなたにオススメ!】アイルトン・セナも愛した、タグ・ホイヤー「モナコ」栄光の歴史を知っていますか?

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ