月に降り立った伝説的ムーブを搭載! オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」

オメガのアイコニックなキャリバー321が復活! アポロ11号の月面着陸から50周年となる今年、この伝説的なムーブメントを搭載した、初のスピードマスター ムーンウォッチが発表されます。

 

月を身に着ける「3つのサブダイアル」に注目!

スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ/今冬発売予定

美しく繊細なデザインで知られるオリジナルのキャリバー321は、1957年、スピードマスターに搭載された最初のムーブメントです。このムーブはスピースマスター ST105.003をはじめ、宇宙へと携行された数々のスピースマスターの心臓部に収められていたことは有名な話です。

今回、製造行程におけるいくつもの試行錯誤と緻密な研究の末、キャリバー321はオリジナルの特徴を残したまま、生まれ変わることとなったのです。

「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」は、サファイアクリスタル製のケースバック越しに、搭載された美しい新キャリバー321を眺めることが可能です。42mmのケースは、プラチナとゴールドの特別な合金であるプラチナゴールド製で、ポリッシュ仕上げを施して煌めく外観を実現しました。

ケースバック越しにムーブメントを眺めることができる

ケースのデザインは、ツイストラグが付いたアシンメトリーが特徴の第4世代スピードマスター(ST 105.012)の外装にインスパイアされたものとなっています。ストラップはブラックレザーで、バックルもプラチナ製です。ベゼルはスピードマスター固有のアイコニックなスタイルを踏襲しつつ、ブラックセラミックにホワイトエナメルでタキメータースケールを描いています。

このタイムピースは、さらなる魅力が詰まっています。
ステップダイアルにはオニキスを採用し、18Kホワイトゴールドのインデックスと針(セントラルクロノグラフ秒針を除く)が、オニキスのディープなブラックの色合いと完璧な調和を生み出しています。そして何と言っても、月隕石をあしらった3つのサブダイアルが存在感を放ちます。スピードマスターが刻んだ月探査の歴史に敬意を表し、本物の月隕石のスライスをデザインに組み込んでいます。

月隕石をあしらった3つのサブダイアルには、月探査の歴史への敬意が込められている

本作の誕生により、月面で着用されたスピードマスターとキャリバー321との結びつきは、さらに強固なものとなったといえるでしょう。ムーンウォッチの歴史に関わり、本物の月の一部をも手に入れた伝説的なクロノグラフ。まさに究極のロマンが詰まった1本といえるでしょう。
月を身に着ける――その計り知れない価値が味わえる「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」は、今冬に発売予定です。

 

問:オメガお客様センター TEL.03-5952-4400
https://www.omegawatches.jp/ja/

 

【あなたにオススメ!】月面着陸50周年! オメガの新作「スピードマスター」はコチラから!

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ