リニューアルを遂げ、未来を志向するメンズウオッチの起源――サントス ドゥ カルティエ

現状に安住しない進取の気性こそカルティエの真骨頂。従来のデザインコードを踏襲しつつも、2018年に装いを新たにした「サントス ドゥ カルティエ」を解剖します。

 

デザインと機能性をアップデート

サントス ドゥ カルティエ LM Ref. W2SA0006 112万円
サイズは、LM(縦47.5×横39.8㎜)とMM(縦41.9×横35.1㎜)がラインナップし、スケルトンモデルを含む13品番を揃える。「クィックスイッチ」がすぐ楽しめるよう、どのバリエーションにもストラップが2本、ないしはストラップ+ブレスレットが各1本ずつ計2本が付属する。SSケース+YGベゼル。自動巻き

2018年に新しくなったサントス。この男性用腕時計のオリジンは、1904年の誕生から100年以上の間、アイコニックなモデルとして君臨し、なおも進化を止めていません。その姿勢もカルティエらしいといえるでしょう。

このサントスは、極めてモダンな作りとなっています。19世紀末から20世紀初頭のインダストリアルな時代背景を強調する、ビスを用いたデザインコードを継承。ファセットとカーブをアクセントとして、よりエレガントになっています。また、ブレスレットやストラップを簡単に付け替えられる新システム、「クィックスイッチ」の採用も目新しいものです。

前進的な姿勢に、イノベーティブな男性像を重ね合わせる――未来を見据えて進化するオリジンの姿に、共感するユーザーも増えることでしょう。

 

問:カルティエ カスタマー サービスセンター TEL.0120-301-757
https://www.cartier.jp/

 

【注目記事!】カルティエの二大角型ウオッチ「サントス」と「タンク」の美しさ

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ