ラグビーワールドカップ開催目前! 公式タイムキーパーを務めるロレックスのファミリーブランド「チューダー」に注目!!

スイスの高級時計ブランド「チューダー」は、今年9月から始まるラグビーワールドカップのオフィシャルタイムキーパーを務めます。ラグビーとチューダー、その共通点を探ってみましょう。

 

正確なタイムカウンターでラグビーワールドカップをバックアップ

激しいチームスポーツであるラグビーでは、スピード、パワー、大胆さ、そして卓越したチームスピリットが求められます。この気高く屈強なラグビーの精神は、チューダーが1926年の創立以来持ち続けている哲学と通じるものでもあります。

4年に一度開催され、世界で3番目に大きいスポーツの祭典であるラグビーワールドカップ。それがアジアでは初となる日本で9月から開催されます。前回大会では、日本代表の大躍進に感動した人も多いでしょう!!

今大会からチューダーはオフィシャルタイムキーパーを務めますが、その見どころは前々回2011年と前回2015年の2大会連続で優勝を成し遂げている、ニュージーランド代表=オールブラックスといえます。再び、ウェブ エリス カップ(ワールドカップの優勝国に送られるトロフィー)を掲げることができるか、母国はもちろん世界中が期待を寄せているのです。そして同チームは、チューダーのアンバサダーに名を連ねているのも注目すべき点です。

TM © Rugby World Cup Limited 2015. All Rights reserved.

 

レフェリーたちが身に着けるのは、類まれなる堅牢性と精度を誇るチューダーのクロノ

ラグビーワールドカップでレフェリーが 試合中に身に着けるのが、チューダーのクロノグラフ「ブラックベイ クロノ」です。23人のレフェリー全員へと提供され、白熱するゲーム中も正確にプレー時間を計測し、レフリーの冷静なジャッジをサポートしてくれることでしょう。

「ブラックベイ クロノ」が搭載するマニュファクチュールキャリバーMT5813は、コラムホイール、シリコンバランススプリング、約70時間のパワーリザーブといった高機能を備えます。そして今回、激しい動きでもしっかりと腕にフィットするよう、レフェリー支給モデルは特別にブラックラバーストラップがセットされ、記念の施しとして裏蓋にラグビーワールドカップのオフィシャルロゴを刻印しています。

ブラックラバーストラップ仕様の「ブラックベイ クロノ」

 

BIGニュース 9月14日(土)銀座にチューダー専門ブティックがオープン

現在は百貨店を中心に全国10店舗を展開しているチューダーですが、ラグビーワールドカップの開幕戦直前の914日(土)、遂に日本初となる路面旗艦店「チューダー ブティック 銀座」がオープンします!

東京・銀座6丁目の並木通り沿い、 売場面積約75㎡の店内は、ブランドカラーのブラック&レッドを基調とし、重厚感のある洗練された空間を演出しています。既存店では取り扱っていないコレクションを、国内初でラインナップされる予定です。※入荷コレクションは未定。

 

チューダー ブティック 銀座
住所:東京都中央区銀座 6-7-18
TEL:03-6263-8474
営業時間:11:00~19:30/日・祝日11:00~19:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

 

問:日本ロレックス TEL.03-3216-5671
https://www.tudorwatch.com/ja

 

【あなたにおすすめ!】2019年の新作一挙紹介! ロレックスファミリーブランド「チューダー」編

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ