個性豊かなラドーの限定新作ウオッチは、1957年生まれの復刻版だった!

セラミックスをいち早く腕時計のケースに採用するなど、ラドーはスイス時計界のなかでも一目置かれるブランドである。ラドーブランドとして初めて発表した1957年製の「ゴールデンホース」は名機として知られるが、今回、世界限定1957本のリミテッドモデルとして復刻される。この復刻版は、外観に現代風のアレンジを加えず、オリジナルを忠実に再現した点が最大の特徴だ。

 

オリジナルの意匠を現代スペックで楽しめる

1957年、ラドーはブランド名を冠したコレクションを初めて発表した。その中の一本が、現在でも時計コレクターの間で高い評価を受けている「ゴールデンホース」。ちなみに、このモデルは日本国内で初めて発売されたラドーの腕時計でもある。

1950年代までの腕時計は代々家族の間で受け継がれていくことが大半で、ケースにゴールドやプラチナのような貴金属を使用する例が多かった。そんな時代にラドーはステンレススチール製の「ゴールデンホース」を発表。当時ではめずらしかった素材を使った試みは功を奏し、ラドーが世界的に認知されるきっかけとなった。

その後ラドーはホースシリーズとして、グリーンホースやパープルホースを発表。12気圧という当時最高レベルの防水性能に加え、アジア諸国で“馬”は幸運のシンボルとされることも手伝って人気を獲得したという。それから60年以上の時を経て、ラドーの歴史的なモデルをモチーフとするトラディションコレクションの一員として復刻されたのが、本機である。

↓フォトギャラリー(ウオッチナビサロン本サイトでのみ表示)

新作「ゴールデンホース 1957 リミテッドエディション」は、デザインにアレンジを加えることなく、1957年製のオリジナルモデルを忠実に再現している。当時と同じ凸状の文字盤にクリムゾンブラックのグラデーションカラーを用い、伝統的な互いに向き合うタツノオトシゴのロゴが際立つデザインを構築。一方で現代的な要素も加わっており、直径37mm、厚さ10.8mmのケースには、80時間パワーリザーブを有する最新の自動巻きムーブメントを搭載。さらに風防はアクリルガラスからサファイアガラスに変更して耐傷性の向上も図られた。

ラドー「ゴールデンホース 1957 リミテッドエディション」

Ref.R33930355 19万4400円/自動巻き。5気圧防水。ステンレススチールケース。直径37mm、厚さ10.8mm。カーフストラップ。世界限定1957本

 

問:ラドー/スウォッチ グループ ジャパン TEL.03-6254-7330
https://www.rado.com/int_ja

 

【関連記事】【腕時計ブランドの教科書 ラドー】積極的に新素材を投入し、美しいフォルムと優れた装着感を実現する名門(RADO)

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ