誕生55周年を迎えた「タグ・ホイヤー カレラ」×藤原ヒロシのコラボレーションにビバー会長も「ブランドの新しい方向性を示してくれた」と大絶賛!

アイコンモデル「タグ・ホイヤー カレラ」が、1963年誕生から55周年を迎えたことを記念して、藤原ヒロシ氏とコラボレーション! その新作発表イベントのために来日したLVMHウォッチディヴィジョン会長ジャン-クロード・ビバー氏に、日本人カリスマデザイナーを起用した理由と、その奥に秘められた戦略を聞きました。

 

このサイズ感、このヴィンテージ感! 目指したのは自分で身に着けたい時計

「ホイヤー モナコ バンフォード」は、世界限定500本が即売切れとなり、2018年の時計界を代表するコラボレーションモデルとなりました。その勢いのままに、11月20日に発表された「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 by Fragment Hiroshi Fujiwara」は、すでに初回入荷分が予約で完売。ジャン-クロード・ビバー氏も「はじめて手直しの要望を出さなかったモデルです」と手放しで藤原ヒロシ氏に賛辞を贈りました。

「通常のコラボレーションモデルは、依頼する際に“こういう感じの時計”といった要望をお伝えします。でも、今回は相手が一流デザイナーでしたから、自由に取り組んでもらいました。我々は、ただ黙って待つのみ(笑)。

実は、今回のきっかけを作ってくれたのは、18歳になる私の息子、ピエールでした。息子は私に、こうアドバイスしてくれました。“ヒロシ・フジワラはストリートアート、ストリートファッションのボスだ。未来とつながりたいなら、このアーティストに依頼するべきだと思う。ぼくも東京へ行くから、いっしょに頼もう”と。そしてフラグメントの作品をいろいろと見せてくれました。“この人とつながらなければ、若い人につながることはできないよ”と。愛する息子が発案者になったという意味でも、この時計は私にとって特別なモデルになったのです」

エスパス タグ・ホイヤー 表参道で11月20日に開催された発表イベントには、藤原ヒロシ氏も登壇しました。

「最初にビバー会長からアプローチがありました。これまでデザインを頼まれるときは、クライアントが僕のことを知っていて、という場合が多いのですが、今回は僕のイメージ無しで、作品のみで評価されたのが、まずとてもうれしかったですね。

サイズの大きい最近の腕時計は、僕的にあまり欲しいと思うモデルがありませんでした。でも、今回のコラボレーションモデルについては、好きなことをやっていい、と言っていただきました。僕はヴィンテージウオッチが好きで、その源泉のひとつがカレラで、僕的にも憧れがありました。

目指したのは、自分で身に着けたいと思う時計です。タグ・ホイヤーの現行コレクションに人々が期待していないものを創ることができたと思います。このタイミングで、このサイズで、このヴィンテージ感で作れたのは、とても良かった。2種類のストラップが付属していますが、1960年代のクロノグラフに付いていたようなワイドバンドは、特に気に入っています」

 

藤原氏のコメントを聞いて、ビバー氏は「タグ・ホイヤーのためではなく、自分が着けたいものをデザインしてくれたことに、心から賛同し感謝します。だからこそ、オリジナリティが増し、オーセンティックなデザインとなり、この時計の価値が増しました。とてもユニークで革新的なモデルができたと思います。ただ、ひとつ残念なのは、藤原ヒロシさんにはまったく問題がないのですが、この時計の最初の生産分が、すでに売り切れてしまったことですね(笑)」。

  1. 1
  2. 2
View All
TAG