「26歳のときに購入した『ロレックス エクスプローラーⅠ』には、編集者生命のすべてが詰まっている」石原正康(株式会社幻冬舎 取締役 兼 専務執行役員)――MY TIME〜私の時間術〜 Vol.27

時間は誰にでも平等。だからこそ1日24時間、その限られた時間をどう使うかが「人生を楽しむ」ための鍵となります。様々な業界で活躍する人物から「時間術」を聞く本連載。第27回は幻冬舎 取締役 石原正康さんにお話を聞きました。

文/赤坂匡介 撮影/高橋敬大

時間を守ることは、未来の成功を担保すること

幻冬舎の創立メンバーのひとりとして、これまでに数多くのベストセラーを世に送り出してきた石原さん。

現在は同社の取締役として、編集からコンテンツ制作に至るまで多岐に渡り活躍しています。出版界における“レジェンド”とも言える石原さんに、日々どんな時間の使い方をしているのか聞いてみると、そこには「お互いの時間を大切にする」という、石原流の時間哲学がありました。

――石原さんはこれまで、名だたる有名作家の作品を多く世に送り出してきました。時間の使い方で意識していることはありますか?

「返事はすぐに」というのを最近、特に心掛けています。それはメールについてでもです。これは熟考せずにメールを直感的な内容で返信するとも言えますから、驚かれる方もいるでしょう。

ただ、自分の気持ちに対して反応が早いことを悪く思う人間はいない。であれば、“お互いの時間を大切にする”という意味でも、届いたメールが新鮮なうちに返信することが相手のためにもなると考えています。

――時間雑誌の連載などには締め切りもありますし、編集者と聞くと、一般的に「時間に厳しい」イメージがある職業だと思います。

そうかもしれませんね。僕は遅刻がいちばん怖いです。

作家の山田詠美さんと社長の見城徹とでサイパンに行ったんです。出発の日、朝6時半に帝国ホテルのロビーで待ち合わせをしていたのですが、あろうことか僕が目を覚ましたのは集合時間でした。もう大パニックですよ(苦笑)。すぐに支度をして空港に向かい、何とか出発時間には間に合いましたが、その時のことが今でもトラウマになっています。

遅刻はたった一度でも、信頼を失う可能性があります。つまり時間を守ることは、未来の成功を担保することであると僕は思っているんです。

  1. 1
  2. 2
View All
TAG