【全エンジニア悶絶!】スイス伝統の時計製造技術の粋を集めたピアジェの世界最薄(厚さ2mm!)機械式ウオッチは羽根のような着け心地だった

一般的に腕時計は薄いほどエレガントだと言われています。その図式を作ったパイオニアといえば、いまやジュエラーとしても名高いスイスの名門ピアジェ。1957年に発表した厚さ2mmの手巻きムーブメント「キャリバー9P」を発表して以来、極薄ウオッチ開発をリードし続けてきたピアジェが、2018年に披露した世界最薄のコンセプトウオッチ「アルティプラノ」アルティメート・コンセプトを日本に持ってきたというので、改めて実機を見せてもらいました。

文/水藤大輔

「これが機械式時計なのか!?」と疑いたくなる薄さ

ピアジェは、もともとは時計のムーブメントメーカーとして創業しました。このブランドが極薄ウオッチを開発するようになったのは、ムーブメントを薄く作ることでデザインの幅が広げられるから、というのが理由だそう。実際に、薄く加工する技術が未成熟だった時代から天然石を文字盤に使うなど、ピアジェは時計本来の着用感を損なうことなくバリエーション豊かなドレスウオッチを作り出し、早くから独自の地位を確立していました。

こうした伝統を背景に、ピアジェは美しいドレスウオッチを制作していく一方で、より薄いムーブメントの開発にも力を入れていくわけです。

1957年に発表された厚さ2mmのピアジェ製ムーブメント「キャリバー9P」は、ピアジェの極薄ウオッチのストーリーの原点。最新コンセプトウオッチは、このムーブメントと同じ厚みで手巻き式の腕時計を作り上げてしまったわけだ

最近のエポックメイキングなピアジェの極薄ウオッチといえば、2014年に発表されたキャリバー900Pが挙げられます。ムーブメントを組み上げる地板を裏蓋と一体化し、文字盤も排除することで3.65mmという厚さで時刻を示す手巻き腕時計は、当時のジュネーブ国際高級時計展(=SIHH)で絶賛されました。

そして2018年には、このムーブメントの外周に回転錘を加えた「ペリフェラルローター」式の自動巻きムーブメント「キャリバー910P」を搭載して厚さ4.3mmに抑えた、「アルティプラノ」アルティメート・オートマティックを発表。改めて優れた技術力を世に知らしめたのです。

「アルティプラノ」アルティメート・オートマティック 337万5000円(税込)/Ref.G0A43120

と、本来はこれだけで十分に記事が成立するのですが、今年のピアジェはさらなる隠し球を用意していました。それが、本稿の主役となる「アルティプラノ」アルティメート・コンセプトです。

厚さ2mmの腕時計は、もはや着けていることを感じないほどの軽さで、実際に約21gしかないとのこと。薄く梳いたアリゲーター革を使った厚さ1.1mmのストラップは、芯にケブラー素材を入れて耐久性を確保

この時計は、900Pで培った薄型化技術を極限まで突き詰めたモデルで、開発に約4年の期間を要したというコンセプトウオッチ。ムーブメント開発責任者のジェローム・ニコレ氏が寝る間も惜しんでラ・コート・オ・フェの工房で開発に勤しんだという超希少なモデルは、SIHHでも超取り扱い注意のシロモノでした。そんな時計がまさか日本で見られて、しかも試着までできてしまうとは!

当日、筆者が着用していたパネライのPAM00380と、成型された状態のコンセプトウオッチのケースを比較
パネライが厚さ13mmなので、厚さ2mmのピアジェのコンセプトウオッチを6本重ねてもまだ、パネライの方が厚いということに……

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
View All
TAG