半世紀の時を経て甦る! 躍進続くチューダーの幻の海軍用ダイバーズ復刻版

チューダーの2019年注目ダイバーズは今秋リリース予定

ロレックスとファミリーのような関係にある「チューダー」は、昨年秋に日本本格上陸を果たした。国内での正規販売が待ち望まれていただけに、業界はもちろん全国の時計好きたちも諸手を挙げて歓迎。一大トピックとなったわけだが、約1年が経過した現在でも人気ぶりは衰えを見せず、むしろ拍車がかかっている。9月14日には銀座に日本初の路面旗艦店をオープンするなど、もっとも注目すべきブランドである。

海軍用時計としての緻密な設計と機能

そんなチューダーが、今年3月のバーゼルワールドで発表した話題作が「ブラックベイ P01」である。この新作のデザインは、同社が1960年代後半にアメリカ海軍向けに開発したダイバーズウオッチのプロトタイプが基になっている。タフで実用的なダイバーズの製造で高い評価を得ていたチューダーの、知られざる時計開発史に光りをあてた一本といえよう。

ダイアルデザインはフラッグシップモデル「ブラックベイ」譲りだが、細部にはオリジナルモデルが備えていた海軍用時計らしい機能が詰まっている。代表的なものが、12時側のケースとストラップの結合部にあるエンドリンクで、ヒンジ仕様の別体型パーツになっている。これは両方向回転式ベゼルのロック機能を併せ持った機構として開発された。また、先端が角型の「スノーフレーク」針を備えるブラックダイアルと、オールサテン仕上げで統一したステンレススチールケースは、光の反射を極小に止める効果がある。

 

復刻時計としての忠実性と高機能を兼備

いまや時計界の一大ジャンルといえる“復刻”は、歴史や実績のあるブランドだからこそ取り組むことができる。チューダーもこれらを満たすブランドのひとつで、「ブラックベイ P01」はアメリカ海軍向けに開発された幻のダイバーズというストーリー性も十分だ。オリジナルモデルの意匠と機能を、現代スペックで見事に再現した「ブラックベイ P01」は、コレクション目的でも日常使用においても、期待値以上のハイレベルな仕上がりである。

 

≪試着レビュー≫

フラッシュフィットの可動範囲が広く、装着しやすい

ケースの直径は42mmだが、ラグが縦長のためかもう少しコンパクトな印象を受けた。厚さは14.45mmで、程よい存在感がある。ケースとストラップを繋ぐフラッシュフィットが可動するため、腕へのフィット感に好印象を持った。さらに専用レザーストラップの裏側はラバーコーティングされているので、汗をかいたときにも簡単に拭き取ることができ、滑り止めを兼ねているスノーフレークパターンのデザインも遊び心に富んだものだ。両方向に回るベゼルをロックする12時側のエンドリンクの使い方は簡単で、安心して時間の計測や経過を計ることができる。対抗モデルには、大人気の「ブラックベイ クロノ S&G」と「ブラックベイ GMT」をチョイスした。詳細はウオッチナビサロン本サイトのフォトギャラリーで紹介。

チューダー「ブラックベイ P01」

Ref.70150 税抜価格38万7500円/自動巻き。200m防水。ステンレススチールケース。ロック機構付きの両方向回転式ベゼル。ルミネッセンス夜光。直径42mm、厚さ14.45mm。レザー+ラバーのハイブリッドストラップ。今秋発売予定

1960年代後半、アメリカ海軍の兵士が着用することを想定に、コードネーム「コマンドー」として極秘裏に開発されたダイバーズウオッチのプロトタイプを、約50年ぶりにリバイバル。レトロなドーム型ブラックダイアルをセットし、インデックスと針にはクラシカルな色合いのルミネッセンス夜光を塗布する。COSCによるスイス公認クロノメーター認定を受けた、高精度な自社開発・製造のムーブメントを搭載。ヒンジ仕様のエンドリンクは接合部の保護のほか、ベゼル部分を分解しやすくすることでの保守性、意図しないベゼルの回転を防ぐ。また、オールサテン仕上げの無骨なケースは、海軍用の装備品としての実を取った機能美といえる。

 

問:日本ロレックス TEL.03-3216-5671

https://www.tudorwatch.com/ja

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ