【SIHH2018速報まとめ前編】見どころは「適正価格」と納得できる新世代モデルの増加とサイズバリエーションの拡充

毎年スイス・ジュネーブで開催される国際高級時計展(SIHH)は、各社からハイエンドなタイムピースが発表されるのが恒例でした。それが、今年はかなり現実的に手の届く製品が増えた印象に。そうした魅力的なモデルを含め、各社から発表された新作を一挙にご紹介します。

 

カルティエ

今年は紳士用腕時計のパイオニア「サントス ドゥ カルティエ」がアップデート。ベゼル形状が変更され、新たなストラップ交換システムが採用されました。LMとMMの2サイズ展開で、フルスケルトンウオッチ初のステンレススチールケース採用モデルも登場するなど、充実した新作発表となりました。

【SIHH2018速報】新しくなったサントス ドゥ カルティエはブレスレットのコマまで自分で調整可能な新システムを装備

エルメス

バーゼルワールドからSIHHへと新作発表の場を移したエルメスの1年目は、フラッグシップコレクションのカレ アッシュが絶妙にサイズアップ。それに伴い広くなった文字盤のデザインにご注目!

【SIHH2018速報】次なる高みへ挑むエルメスのジュネーブデビュー作をチェック!

パネライ

最大のトピックは薄型クッションケースのルミノール ドゥエから登場した、ブランド史上初の直径38mmモデル。新型の自社製ムーブメントCal.P.6000の搭載とともにアップデートされた「ルミノール ロゴ」も大きな話題に!

【SIHH2018速報】パネライのイメージが覆る38mmサイズの薄型ルミノールや新技術のコンプリケーションが登場(前編)

モンブラン

これまでハイレンジのコレクションのみの特別な存在として扱われていたミネルバの伝統を、すべてのコレクションに反映していくと決めたモンブラン。わかりやすく整理されたコレクションとともに今年のSIHHで新たな時代の幕開けを告げました。

【SIHH2018速報】名門ミネルバとの深化で変わるモンブランのウオッチメイキング

IWC

今年で創業150周年を迎えるIWCは、アクアタイマーとインヂュニアを除くコレクションから、アニバーサリー限定を発表。ホワイト、またはブルーのラッカーダイアルを共通テーマとする以外にも、既存品からムーブメントを変更するなど、スペック面での限定仕様も見逃せません。

【SIHH2018速報】創業150周年を迎えたIWCは魅惑のアニバーサリー限定を続々発表

ボーム&メルシエ

例年、デザイン面へのこだわりが新作の中心だったボーム&メルシエは、リシュモン グループのムーブメント会社ヴァル・フルリエと、リシュモンの開発チームと共同開発したエクスクルーシブキャリバー“ボーマティック”を大発表。耐磁性、耐久性、精度、駆動時間を高めた新型ムーブメントで、ラグジュアリーなビジネスウオッチという新ジャンルを切り開くか!?

【SIHH2018速報】ジュネーブ屈指の老舗メゾン「ボーム&メルシエ」が手がけたデイリーウオッチに注目

ジャガー・ルクルト

1968年発表の「メモボックス・ポラリス」が、誕生50周年の節目にコレクションとして本格復活。よりオリジナルに忠実な2型と、現代的な解釈を加えた3型という、基本デザインまで使い分けた展開は、長年のファンにも、新たな時計愛好家にも親しまれそうです。

【SIHH2018速報】ジャガー・ルクルトの新生ポラリスはユニークなコレクション構成も見どころ

ジラール・ペルゴ

前年の発表以来、好評を博しているジラール・ペルゴのロレアートから、早くもクロノグラフが登場しました。もちろんサイズは42mmと38mmの2サイズを用意。その他、同社が得意とするコンプリケーションでも、その優れた手腕を発揮しました。

【SIHH2018速報】ジラール・ペルゴは新生ロレアートのコレクション拡充と新感覚の複雑時計に活路を見出す

ロマン・ジェローム

SIHHの会場でもひと際個性を放つロマン・ジェロームは、少数精鋭の新作3本を公開。いずれ劣らぬ技巧を凝らしたモデルなので、見応えがあります。ちなみにロマン・ジェロームからはバーゼルワールドでも、これらとは異なる新作が発表される予定。

【SIHH2018速報】スパイダーマンが文字盤に出現!? ロマン・ジェロームらしさ全開のユニークコラボが登場

 

後編では、SIHHの花形であるハイコンプリケーションを得意とする最高峰ブランドの新作を一挙に取り上げます。

TAG