【試着レビュー付き】スタイリッシュなブレスレットウオッチとして人気の「ベル&ロス BR 05」にGMTバージョンが新登場

“自分たちの理想とする時計”をテーマに掲げ、カルロス・A・ロシロとブルーノ・ベラミッシュが共同で立ち上げた【BELL & ROSS(ベル&ロス)】は、創業から30年も満たないものの独創的なデザインと実用的機能によって世界中で人気を獲得。この5月にはブランドのアイデンティティともいえる航空の世界からインスピレーションを得たインテリアを揃える日本国内初のブティックを銀座にオープンし、話題を振りまいた。そして今回、スタイリッシュなBR 05シリーズよりGMTモデルを発表した。

BR 05の新モデルは新しい時代のトラベラーズモデル

 

2019年にデビューした「BR 05」は、航空機のコックピット計器にヒントを得た“四角の中に丸”というBRコレクションのユニークな意匠を継承しながら、“アーバン(都会的)”という新たなコンセプトを加えて記録的なヒット作となった。それまでのBRコレクションといえば、パイロットウオッチ、ダイバーズ、レーシングモデルといったミリタリー調やスポーツタイプの印象が強かったが、「BR 05」はそれらと一線を画すスタイリッシュな腕時計。まさしくベル&ロスに新時代が到来したことを告げる、新しいアイコンとなった。その後、2021年初頭にはクロノグラフ仕様の「BR 05 クロノ」が登場。今回満を持して、GMT表示を備える「BR 05 GMT」がリリースされた。

コロナ禍という特異な世界において移動制限が敷かれている今日、旅への欲求は高まっている。空港のラウンジや搭乗する飛行機、そして旅先のラグジュアリーな空間に相応しい腕時計として開発された「BR 05 GMT」は、BR 05シリーズで初めてのデュアルタイムゾーンモデルである。BR 05固有のアクティブで都会的なライフスタイルを支える機能美をそのままに、海外渡航時の生活に快適性をもたらす機能を備えている。

海外を自由に行き交える日常を取り戻した際、もっとも機能するであろう「BR 05 GMT」は、3針式のBR 05よりも1mmだけ大きい41mm径のケースを採用。日常生活上不便のない100m防水を誇る堅牢なステンレススチール製ではあるが、けして無骨という印象ではない。その理由は、曲線と力強い線が交互に組み合った、ブレスレット一体型の美しくスポーティなプロポーションが確立されているためである。

24時間で一周する先端が赤い三角形のGMT針は、ダイアル外周のフランジに印された24時間表示を指し示すことで第2時間帯を知らせる。リューズで独立可動するため、旅先での設定も容易だ。フランジは昼夜が判別しやすいようにツートンに分けられている。これまでBR 05シリーズはフランジがダイアルと同色だったが、本機は24時間表示の目盛りが入り、さらに日中の時間帯がシルバーに仕上げられているのも特徴である。

エレガントな佇まいに、ローカルタイムとホームタイムを同時表示可能な機能を備える「BR 05 GMT」は、流麗でしなやかなテーパーのついたブレスレット、もしくは間接式リンクによって優れた装着性を実現するラバーストラップが選択できる。都市を遊び場とし、冒険を楽しむ、国際的なトラベラーのためのインストゥルメンタルツールが新たに誕生した。

ベル&ロス「BR 05 GMT」Ref.BR05G-BL-ST/SST 63万2500円/自動巻き(BR-CAL.325)。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット、反射防止サファイアクリスタル風防。縦横41mm。100m防水

 

問い合わせ先:ベル&ロス ジャパン TEL.03-5977-7759 https://www.bellross.com/ja/

 

Text/WATCHNAVI編集部

TAG

人気のタグ