ベル&ロスが新境地を開拓する「BR05」を発表!! その魅力を日本のリーダーに聞いた

ベル&ロスが下期の時計界を騒がす一大ニュースとして温めていたのが、まったく新しい「BR05」のリリースである。BRコレクションはこれまでミリタリーデザインを共通の特徴としてきたが、「BR05」は一風変わってスタイリッシュな時計として開発された。いわゆる“ラグジュアリースポーツ”と呼ばれるジャンルに属する。今回、ベル&ロス ジャパンのリーダーから「BR05」が持つ魅力についてうかがう機会を得た。また、発売開始に合わせてoomiya 大阪心斎橋店で開催されたローンチパーティの模様についてもお届けする。

ベル&ロス「BR05 ブラック スティール」Ref.BR05A-BL-ST/SST 60万5000円/ベル&ロスのパイオニアスピリットが生んだニューモデル。時計業界はもちろん、デザイン界の評価も高い。自動巻き。ステンレススチールケース&ブレスレット。縦横40mm。100m防水

 

新たなアイコンに相応しい都会派スクエアウオッチ

ベル&ロスといえば、フランス発祥(製造国はスイス)というだけあってスイス時計とは異なるユニークさが持ち味だ。スクエアケースにラウンドフェイスをセットし、四隅にビスを備えた個性的なBRコレクションは、初めて世に登場した2005年以降、同社のシンボリックな存在となっている。

その基本デザインは飛行機の計器をモチーフとしたもので、そこにミリタリーの要素を加え、プロフェッショナルなスペックを与えた。これまでにパイロット、ダイバー、レーサーに向けたスポーツモデルが登場したが、今回リリースされた「BR05」は“アーバン(都会的)”をコンセプトにしており、従来とは一線を画すデザインが最大の特徴といえる。

「BR05」の開発段階のスケッチ。都会的なアウトラインとラグジュアリー感を意識し、これまでとは異なる視点から生み出された

 

ベル&ロスの日本のリーダーが「BR05」を語る

ベル&ロス ジャパン マネージングディレクター フランク・タルデンさん

今年立ち上げられたベル&ロス ジャパンのマネージングディレクター、フランク・タルデンさんに、「BR05」についてインタビューする機会をいただいた。流暢な日本語を交えつつ、詳細に伝えたい部分は英語で語るなど、良い意味でざっくばらんに話してくれた内容をレポートする。

――まず、この「BR05」を初めて見たときの感想は?
フランクさん:大胆と勇気。それが率直な感想でした。従来のBRコレクションの特徴を受け継ぎつつ、異なるアプローチから開発しました。

――注目してもらいたい機能やディテールは?
フランクさん:見た目も美しいですが、着用してこそその良さがわかっていただけると思います。適度なサイズが実現する快適なフィット感、サテンとポリッシュの仕上げの使い分け、バックルに向かって幅が細くなるブレスレットの設計など、あらゆるディテールに気が配られています。

ブレスレットは、ケース側からバックル側に向かうにつれて細くなっている。これは人間工学に基づく設計で、優れた着用感を実現するのに貢献している
  1. 1
  2. 2
  3. 3
View All
TAG

WATCHNAVI Salonオススメ