【腕時計ブランドの教科書 A.LANGE & SÖHNE】高い技術力で知られるドイツの超名門(A.ランゲ&ゾーネ)

2018/6/16 8:00
SHARE ON

ドイツ・ザクセン時計の 伝統を継承する直系

A.ランゲ&ゾーネは、1845年、ザクセンで時計師として活躍していたフェルデ ィナント・アドルフ・ランゲが ドレスデン郊外にて創業。1863年にクロノグラフ懐中時計、 1891年には自動巻き懐中時計を完成させるなど、高い技術力で知られる名門マニュファクチュールだ。

ドイツ・ドレスデン郊外に近代時計産業の礎を築いたフェルディナント・アドルフ・ランゲ
1873年に創業者が建築し、現在もスタッフから「母屋」と呼ばれて親しまれる本社工房
19世紀末、創業者が自身の師と共に製作したオペラ劇場のデジタル式の機械式置き時計

第二次世界大戦後に一時期国営化されるが、〝ベルリンの壁〞崩壊に伴って1990年に復興。1994年には「ランゲ 」を 含む第一弾コレクションモデルを発表し、シンプルななかに確固たる気品を備えた仕上がりで時計ファンを魅了する。

ひげゼンマイの自社開発や、 すべてのムーブを2度組み立てる特殊な工程、ザクセン特有のプレート仕上げなど、ムーブにも見どころが多いのが同社の特徴でもある。

 

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
View All
TAG