スイス時計界の最高峰の技術が集約されたパテック フィリップのグランド・コンプリケーションを吟味する【トミヤ タイムアート店】

スイス時計界の頂点ブランド、パテック フィリップ。その揺るぎない地位は、どのようにして築かれていったのでしょうか。前回と同じく、岡山市北区表町の「トミヤ タイムアート店」の協力を得て、世界に冠たるメゾンの過去と現在をひもといていきます。

 

スイス時計界の頂点たらしめる驚異のグランドコンプリケーション

1844年にジャン・アドリアン・フィリップがパリ産業博覧会で発表した鍵なし竜頭巻上げ・時刻合わせ機構をはじめ、パテック フィリップがその長い歴史のなかで実に数多くの革新機構を生み出してきたのは、前回も触れた通り。ただ伝統に則ったタイムピースを手がけるだけでなく、時代に応じた最新技術を駆使して時計界をリードする存在でもあったのです。

とくに永久カレンダーやミニッツリピーターといった複雑機構におけるパテック フィリップの技術は抜きん出ており、早くから数多くの特許を取得。こうした成果は、やがて世界の富豪の目に留まることとなり、パテック フィリップにビスポークモデルを発注する人が現れます。

20世紀前半に作られたビスポークモデルで、世界的にも知られたタイムピースが1933年に発表された、超複雑懐中時計《グレーブス・ウォッチ》。ニューヨークの銀行家で芸術愛好家だったヘンリー・グレーブス・ジュニアのために作られたそれには24の複雑機能が組み込まれており、「史上最も複雑な時計」というオーダーを見事に具現化したのです。ちなみに、このグレーブス・ウォッチは、2014年にサザビーズのオークションに出品され、2323万7000スイスフラン(日本円で約25億円)という時計の全カテゴリーでの世界最高額で落札されました。このように“時代を超越した価値”という点でも、パテック フィリップは時計界の頂点にあるわけです。

さらに時は流れて、創業150周年を迎えた1989年には自社が持つ世界で最も複雑な時計の記録を塗り替える「キャリバー89」を完成させます。この懐中時計に組み込まれた複雑機能は33。それから25年後の2014年には、創業175周年記念モデルとしてグランドマスター・チャイム5175を発表。こちらも20もの複雑機能を備えた世界で最も複雑な腕時計のひとつに数えられています。

 

グランドコンプリケーションはパテック フィリップの醍醐味

グレーブス・ウォッチやグランドマスタ・チャイムは、とくに重要な複雑時計です。ただ、そうしたパテック フィリップを最高峰たらしめる超絶技巧の数々は、実はスイスの時計博物館などにいかずとも、岡山市北区表町にあるトミヤ タイムアート店で観ることができます。

パテック フィリップの腕時計は、カタログに多くのレファレンスが掲載されているとはいえ、そのいずれも製造本数はごくわずか。それが世界各国に流通されるわけですから、どのモデルであっても希少となっています。しかも数多くの部品を組み上げて出来上がるグランド・コンプリケーションウオッチとなればなおさら。目にできるだけでも幸運といえるでしょう。

そうしたパテック フィリップが誇るレアハンドクラフツの粋が詰まったタイムピースのなかから、とくにその真髄を体感できる3本をトミヤ タイムアート店の方に教えていただきました。

2268万円(税込)Ref.5270/1 手巻き(Cal.CH 29-535 PS Q)、18Kローズゴールドケース、直径41mm/厚さ12.4mm、3気圧防水「曜日と月を並べて小窓表示した永久カレンダーに、クロノグラフをも組み込んだ総部品数456個からなるグランド・コンプリケーションキャリバーは、その全貌がシースルーバックから鑑賞可能。ケースに完全に結合されたドロップリンク・ブレスレットと合わせ、パテック フィリップが誇る仕上げの緻密さ、美しさを雄弁に物語ります」
1028万1600円(税込)Ref.5327 自動巻き(Cal.240 Q)、18Kホワイトゴールドケース、直径39mm/厚さ9.71mm、3気圧防水「パテック フィリップを代表する自動巻きキャリバー240に永久カレンダーを組み込んだ超薄型のグランド・コンプリケーションです。ロイヤルブルー・サンレイダイアルと、そこに美しく植字されたブレゲ数字の組み合わせが格調高き永久カレンダーの表示を際立たせています」
1094万400円(税込)Ref.7140 自動巻き(Cal.240 Q)、18Kローズゴールドケース、直径35.1mm/厚さ8.7mm、3気圧防水「パテック フィリップを語るうえで欠かせない永久カレンダー機構を、直径35.1mmのサイズで仕立てた婦人向けのグランド・コンプリケーション。約0.68カラットのダイヤ付きベゼルが、歴史ある機構の優美さを華やかに彩ります」

これらの腕時計には、シースルーバックと通常のケースバックが付属しているそう。いざ時計を購入した後でも選ぶ楽しみが残る、というのも魅力のひとつと言えます。また、こうした配慮から見えるのは、パテック フィリップのタイムピースが購入するオーナー自身のためであると同時に、その次の世代のものでもある、ということ。あらゆる面で先を見据えるパテック フィリップが、創業から180年にわたって頂点ブランドであり続けているのも納得です。

パテック フィリップに興味がある方は、コチラもお薦め!

時計界の王・パテック フィリップ珠玉のタイムピースを吟味

歴史が深いパテック フィリップのレディースウオッチに見る、ダイヤモンドの妙技

 

トミヤ タイムアート店

Tel 086-235-1038
住所:岡山県岡山市北区表町2-2-60
営業:11:00~19:30
定休日:無休
https://www.tomiya.co.jp/

取扱ブランド:パテック フィリップ、ロレックス、オメガ、ウブロ、タグ・ホイヤーなど

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ