【スマホやPCの近くでも安心】仕事に使う腕時計はまず「耐磁性」をチェックせよ!!

ビジネスマン必須アイテムともいえる腕時計。
ですが、PCやスマホなどに時計を密着させて強い磁気の影響を受けると、精度が悪化するのはご存知でしょうか。

そんな電化製品が身近に溢れる昨今、ビジネスでの使用を想定した時計選びでは「磁気対策」をとることが重要。

そこで今回は、「耐磁」の原因や基本対策を簡単3STEPで解説。
さらに、シンプルなデザインかつ耐磁機能を備え、最高のビジネスウオッチとして活躍すること間違いなしの時計を3本厳選してご紹介します。

<耐磁の基本>

STEP1 磁気が時計に良くないワケ


精度を司る「ひげゼンマイ」が“磁気帯び”すると、収縮して激しいスピードで振動。
磁気の影響を受けやすいパーツなので、精度が狂い、時刻が進みやすくなってしまいます。
(写真は、ティソから1930年に発表された世界初の耐磁時計)

STEP2 日常生活は磁気に囲まれている


一般的な時計であれば、約1600A/mまでの磁気には耐えられますが、私たちの身の回りには強い磁気を発するモノがたくさん存在しています。
(ノートPCは8000A/m、携帯電話は2万2400A/mの磁気を発します)

STEP3 磁気を防ぐ方法

 


ムーブメントを二重構造のケース(写真参照)で覆う耐磁方法が一般的。
最近は磁気の影響を受けないシリコン素材の利用も増加中です。
ただし、多くの時計は磁気を発するものから5㎝離して使用すれば問題ありません。

  1. 1
  2. 2
View All
TAG