日本のビジネスマンにこそ伝えたい! 高級時計に宿る職人の「手仕事」の価値

腕時計は、ビジネスマンにとって自分の趣味嗜好や人生のステージを示す数少ない装身具なので、とくに一生モノの高級品を選ぶときには吟味し尽くしたいところです。時計選びで後悔しないためには、時計職人の「手仕事」が伝わってくるものがオススメ。職人が自信を持って作り上げた仕立ての良い腕時計は、ビジネスシーンで相手に好印象を抱かせるばかりか、あなた自身を鼓舞させるタリスマン(=お守り)にもなるからです。
では、高級時計にはどのような「手仕事」があるのでしょうか。「時計職人の手仕事」をテーマに開催されている「2018小田急ワールドウォッチフェア」出展ブランドの最新作を例にみていきましょう。

 

高級時計製造の本場・スイスの伝統的な時計作りを知る

時計には、閏年にも対応するカレンダーや天体の正確な表示、暗闇でも時間が確認できる時打ち装置など、様々な機構があります。これらを作り出すために、かつての時計師は機械工学や数学、物理学、天文学などにも詳しくなければなりませんでした。手先の器用さに加え、博学でもあった時計師は古くから人々にとって特別な存在だったのです。

そしていまも時計師というのは、特別な存在です。時計製造の先進国であるスイスのトップブランドは、機械式時計の組み立てを担当する時計師に建物のなかで最も良い場所を用意します。最高の環境を得た時計師は、自分が使いやすく入念に手入れした精密ドライバーやピンセットなどの工具を使いながら、歯車やレバー、プレートなど形の異なる極小パーツを正確に組み上げ、精度を調整し、文字盤に針を取り付け、ケースに収めるのです。

画像提供:オメガ

こうした一連の作業は、完全に一人で担当することもあれば、それぞれの工程で担当者が代わることもありますが、いずれにしても出荷直前の検品に至るまで人の目や耳、そしてなにより手作業が不可欠。だからこそ、スイスで作られたわずか直径40mmほどの腕時計は、工業製品ではなく伝統工芸品として扱われるのです。

ただし、伝統工芸品といっても繊細なだけでは日常使いには不向きなので、あらゆるブランドが腕時計の耐久性を高める工夫をしてきました。堅牢性において現在、最も秀でたスペックを誇る時計といえば、オメガの新作「シーマスター ダイバー 300M マスター クロノメーター」が挙げられるでしょう。高精度、高防水、超高耐磁性能を備え、経年変化の起こりにくい素材を使った末永く使える一本です。

オメガ「シーマスター ダイバー 300M マスター クロノメーター」
56万1600円/Ref.210.30.42.20.03.001
300m防水を誇る定番ダイバーズウオッチの最新世代。スイス連邦軽量・認定局(METAS)認定「マスター クロノメーター」仕様の自社製キャリバー8800を搭載。ベゼルと文字盤にセラミックを使い、ベゼル上のダイビングスケールにエナメルを使うことで、永年の使用による経年変化にも配慮した。自動巻き。SSケース。直径42mm

オメガの最新技術が詰まったこのモデルは10月に発売される予定ですが、「2018小田急ワールドウォッチフェア」ではいち早く手にとって全貌を見ることができます。

「2018小田急ワールドウォッチフェア」
場所:小田急百貨店 新宿店本館5階=時計売場
期間:8月29日(水)〜9月18日(火)
問い合わせ先:新宿店本館5階=時計売場/03-5325-2563(直通)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
View All
TAG