【ボール ウォッチ編】50万円以下の本格ウオッチが人気急上昇中! いま狙うならこのモデルだ!!

ひと昔前、50万円以下の腕時計は社会人になって初めて購入する“一生モノ”の定番でした。それが、ここ数年のうちに人気モデルの価格が軒並み上昇。なかなか以前のようにたくさんの選択肢から本格ウオッチを購入することが難しくなっていました。ただ、そうした業界の流れに乗らずに価格を維持するブランドもありますし、最近では戦略的に50万円以内に価格を抑えたモデルも増えてきています。そして極めつけが、2018年秋からのチューダーの日本正式上陸。再び注目が集まる50万円以下の本格ウオッチを手がけるブランドのなかから、今回はボール ウォッチを取り上げます。

 

ステンレススチールとチタンを融合した新世代ダイバーズ

サブマリン ウォーフェア クロノグラフ

29万5000円+税/Ref.DC2276A-SCJ-BK
自動巻き(Cal.RR1402)。毎時2万8800振動。約42時間パワーリザーブ。SS+チタンケース。直径42mm/厚さ17.5mm。300m防水。

外装の半分以上にチタンを採用することで重量を抑えつつ、ブレスレットの中ゴマとベゼルにステンレススチールを使って堅牢性と硬質感を高めたハイスペックモデル。

精密なクロノグラフ機構を備えながら、独自の「アモータイザー耐衝撃ムーブメントホルダー」を採用するなどして高さ1.5mから自由落下で木の床に落としたときに受けるのと同等の衝撃に耐える、7500Gsの耐衝撃性能を有しています。文字盤には自発光「マイクロ・ガスライト」を合計23個備え、昼夜を問わず高い視認性を確保しています。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG

WATCHNAVI Salonオススメ