【ブライトリング編】50万円以下の本格ウオッチが人気急上昇中! いま狙うならこのモデルだ!!

ひと昔前、50万円以下の腕時計は社会人になって初めて購入する“一生モノ”の定番でした。それが、ここ数年のうちに人気モデルの価格が軒並み上昇。なかなか以前のようにたくさんの選択肢から本格ウオッチを購入することが難しくなっていました。ただ、そうした業界の流れに乗らずに価格を維持するブランドもありますし、最近では戦略的に50万円以内に価格を抑えたモデルも増えてきています。そして極めつけが、2018年秋からのチューダーの日本正式上陸。再び注目が集まる50万円以下の本格ウオッチを手がけるブランドのなかから、今回はブライトリングを取り上げます。

 

1940年代製品に着想を得たブライトリングの最新シリーズ「プレミエ」

プレミエ オートマティック 40

44万円+税
自動巻きクロノメーター(Cal.37)。毎時2万8800振動。約38時間パワーリザーブ。SSケース。直径40mm。100m防水。

1940年代にブライトリングが製造していた「プレミエ シリーズ」にインスピレーションを受けて開発された最新シリーズの3針仕様。立体感がありながらもシンプルにまとめられた文字盤と柔らかなカーブをたたえたケースラインが、時計のエレガントさを演出しています。ダイアルカラーはアンスラサイト、ブルーがあります。ナビタイマーブレスレットの設定だと50万円+税ですが、レザーの尾錠タイプであれば50万円以下で選ぶことができます。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG

WATCHNAVI Salonオススメ