【ラドー編】50万円以下の本格ウオッチが人気急上昇中! いま狙うならこのモデルだ!!

ひと昔前、50万円以下の腕時計は社会人になって初めて購入する“一生モノ”の定番でした。それが、ここ数年のうちに人気モデルの価格が軒並み上昇。なかなか以前のようにたくさんの選択肢から本格ウオッチを購入することが難しくなっていました。ただ、そうした業界の流れに乗らずに価格を維持するブランドもありますし、最近では戦略的に50万円以内に価格を抑えたモデルも増えてきています。そして極めつけが、2018年秋からのチューダーの日本正式上陸。再び注目が集まる50万円以下の本格ウオッチを手がけるブランドのなかから、今回はラドーを取り上げます。

 

まるでゴールドのような輝きを放つ超硬ケースを採用

ダイヤマスター セラモス オートマティック

24万円+税/Ref.R14068026
自動巻き(Cal.)。毎時2万8800振動。約64時間パワーリザーブ。セラモスケース。直径41mm/厚さ8.3mm。5気圧防水。

ハイテクセラミックス90%とメタル合金10%を混ぜ合わせて作られる独自の「セラモス」をケース素材に採用。高温射出成型(=インジェクション)によるモノブロック設計で、シンライン特有の8.3mmというスリムデザインを自動巻きで実現しています。ほぼハイテクセラミックスのため、長年の使用でも傷がつきにくいことはもちろん、ゴールドと同様の輝きが色褪せることもありません。

 

  1. 1
  2. 2
View All
TAG