オリスの新時代を予感させる航空時計「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」

良識あるスイスの高級時計ブランドとして知られるオリスが、世界同時で航空時計スタイルの新作を発表。これまでで“もっともオリスらしい時計”という自信作だ。

 

機械式時計の本質を追求した自社ムーブメントモデル

オリス ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115 Ref.115 7759 71537 22 01 TLC 87万4800円/手巻き。マルチピースチタンケース&ブレスレット。パワーリザーブ240時間。直径44mm。10気圧防水

↓フォトギャラリー(ウオッチナビサロン本サイトでのみ表示)

オリスの最新作「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」は、ブランド自身が“もっともオリスらしい時計”と表現する、自信に満ちたスケルトンウオッチである。1904年の創立以来、自然譲りのインスピレーションと時代に合わせたスタイルを反映しつつ、真のモノづくりを追求してきた同社の思いが、そのまま形となった渾身の一本といえる。

アイデアはまずムーブメントからスタートした。2014年、オリスは創立110周年を記念し、久しぶりの自社ムーブメントとして「オリス・キャリバー110」を開発。10日間ぶんのパワーリザーブやスモールセコンドを備えた同キャリバーは、限定ウオッチに搭載されて華々しくデビューした。機械式時計の面白さを再認識させてくれたこのムーブメントを基盤とし、自社キャリバーのシリーズ化を進めてきた。

ニューモデルが搭載する「キャリバー115」もキャリバー110をベースとしつつ、新たな試みとしてスケルトン化が果たされた。“人と機械をもう一度つなぐ”をコンセプトとし、大胆かつ繊細なメカニズムを視覚的に楽しめる。輪列が駆動する様子はもちろん、ムーブメントの上部半分を占める大型バレルも透かし、格納するメインスプリングを露出したことで、リューズを回すと10日間パワーリザーブが巻き上がっていく様子も見ることができる。

デザインはあくまでもシンプルにして、オリスが誇る伝統的な時計技術を注ぎ込んだ本作。贅沢なラグジュアリーではなく、まさに機械式時計の本質を追求したタイムピースである。

 

問:オリスジャパン TEL.03-6260-6876
https://www.oris.ch/jp

 

【関連記事】流行色“グリーン”のヴィンテージな風合い「オリス ダイバーズ65」

【関連記事】世界の海洋環境改善に貢献するオリスの「オリス オーシャン トリロジー」

【関連記事】国内初のオリスブティックが銀座4丁目並木通りに開店

【関連記事】日本をイメージしたフランク ミュラーの新作スケルトン

【関連記事】航空時計を発展させたブライトリングの2大クロノグラフ

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ