東京2020を記念する名門オメガのリミテッドエディション

東京2020オリンピック・パラリンピックを来年に控え、関連するイベントの開催や特集が報道されている。今大会もオフィシャルタイムキーパーを務めるオメガは、特別仕様の限定ウオッチ2本を発表。開幕1年前を盛り上げる、注目度の高いこの時計について解説する。

 

2つのシーマスターから生まれた東京オリンピック記念モデル

(左)シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション Ref.522.33.40.20.04.001 86万4000円/39.5mm径の高性能ダイバーズをベースにした特別版。日本の国旗を想起させるロリポップ秒針や、赤いリキッドセラミックで彩られたベゼルの20など、こだわりが満載。交換用のSSブレスレットとNATOストラップが付属する。自動巻きマスター クロノメーター。SSケース。世界限定2020本

(右)シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション Ref.522.12.41.21.03.001 72万3600円/東京2020オリンピックエンブレ ムにインスパイアされた模様を文字盤にレーザーエングレービングした、世界限定2020本の特別モデル。特製ボックスには交換用SSブレスレットが付属する。超高耐磁性能を有するマスター クロノメーター仕様のCal.8900を搭載。SSケース。直径41mm

2019年、オメガも参加するスウォッチ グループの各社は、世界最大の時計見本市として知られるバーゼルワールドへの出展を見送り、それぞれ異なる形で新作情報を発信した。

その一環として5月に行われた「Time To Move」では、プレステージ&ラグジュアリーレンジのブランドの最新作が発表され、オメガも新作を初披露した。2019年は、月面着陸50周年にあたるアニバーサリーイヤーとあって、アポロ11号のクルーも携行したススピードマスターの記念限定バージョンを発表し、大きな反響を生んだ。

さらに、来年に開催を控えている東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャルタイムキーパーとして、オメガのスポーツウオッチでも人気の高いシーマスター プラネットオーシャンとシーマスター アクアテラをベースにした、東京2020 リミテッド エディションも発表。どちらも日本や東京五輪にインスパイアされたスペシャルデザインを採用しており、後々に東京2020の感動を思い出すためのメモリアルなツールとしても期待できる。

 

問:オメガお客様センター TEL.03-5952-4400
https://www.omegawatches.jp/ja/

 

【関連記事】フラッグシップ同門対決! オメガの2大定番

【関連記事】“大人のエレガンス”にあふれるオメガ渾身のダイバーズ・クロノグラフ

【関連記事】月に降り立った伝説的ムーブを搭載! オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」

【関連記事】世界最深の潜水記録を支えた前代未聞のテクノロジー!「オメガ プラネット オーシャン」

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ