分針の先端はわずか0.05mm。伝説の時計職人に捧げるハンドメイドの上質ウオッチ

ドイツの伝説的な時計職人の名を冠する、知る人ぞ知る高級ブランド「モリッツ・グロスマン」。ドイツ時計産業の聖地と呼ばれるグラスヒュッテで、最高品質の機械式時計を完成させることを目指して、日々時計作りに励んでいる。少量生産だからこそ可能な、贅沢に時間をかけて作られるタイムピース。最新モデルも、シンプルな見た目にあらゆる技術が詰まった一本となっている。

モリッツ・グロスマン「パワーリザーブ・ヴィンテージ」Ref.MG-002269 税抜価格440万円/手巻き。42時間パワーリザーブ。3ピース構造の18Kレッドゴールドケース(シースルーバック)。直径41mm。片面反射防止加工をしたサファイアクリスタル風防。18Kレッドゴールド製ソリッドピンバックル付きの手縫いアリゲーターストラップ。日常生活防水

巨匠モリッツ・グロスマンへの敬意を表す

新作「パワーリザーブ・ヴィンテージ」は、モリッツ・グロスマンのクラシックな懐中時計の趣を持つシルバーダイアルに、ブラックのローマ数字とタイポグラフィな「M.GROSSMANN」という1875年当時のオリジナルロゴがあしらわれている。まさしく巨匠へのオマージュが、その意匠に込められているといえる。

モリッツ・グロスマン「パワーリザーブ・ヴィンテージ」Ref.MG-002270 税抜価格440万円/手巻き。42時間パワーリザーブ。3ピース構造の18Kホワイトゴールドケース(シースルーバック)。直径41mm。片面反射防止加工をしたサファイアクリスタル風防。18Kホワイトゴールド製ソリッドピンバックル付きの手縫いアリゲーターストラップ。日常生活防水

そしてこのモデルのハイライトである極細針も、19世紀のモリッツ・グロスマンの懐中時計を手本としたもの。洋ナシ型の先端が美しい時針は、職人の手作業によって製造されており、縫い針のように極端に細い分針と鮮やかなコントラストを生んでいる。分針のもっとも細い部分が0.1mmというのも驚きだが、これを超えるのが0.05mmという秒針の先端。まるで金細工のような美しさだ。さらに丁寧な焼きが入ったブルースチール針は、ブルー/ホワイトのパワーリザーブのカラーと調和し、全体をエレガントな雰囲気にまとめる役割りを担っている。

“もっとも美しいドイツの職人技”が詰まったキャリバー100.2

搭載する「キャリバー100.2」は、グロスマン製のプッシャー付き巻き上げ機構に加え、同じく自社製造の調整ネジ付き段差式テンプ受け、メンテナンス時個別に取り外し可能な巻き上げ機構、質量を改良した自社製テンプが備えられている。このムーブメントのベースは、徹底的に仕上げにこだわった傑作キャリバー100.1。これにパワーリザーブ表示のためのギアが追加されたもので、美しさは100.1に引けを取らない。もちろんサファイアガラス製のシースルーバックになっているため、“もっとも美しいドイツの職人技”を堪能することができる。

 

問:モリッツ・グロスマン ブティック TEL.03-5615-8185
https://ja.grossmann-uhren.com/

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ