メタルの高級感とアナログ時刻表示が特徴のG-SHOCK「G-STEEL」に、パイソンデザインの新作が登場

ニューモデルが発表される度に、注目が集まる「G-SHOCK」。近年は、耐衝撃構造とメタルの質感を生かしたコレクションが人気を高めており、ラインナップも増加傾向にある。また、アナログ・デジタル表示も好評なこともあって、「G-STEEL」がシェアを拡大中だ。新たに登場した環境団体「WILDLIFE PROMISING ※」とのコラボレーションも、要チェックの一本となっている。

ELバックライト用のフロントボタンを備えるG-STEELに、パイソンパターンを施す

 

タフネスを求め、進化を推し進めてきたG-SHOCKにおいて、G-STEELコレクションはメタルの外装を使いながらコストパフォーマンスを高さをアピールポイントとしている。その中でも、軽量かつ高強度なカーボン樹脂のメリットを生かした「カーボンコアガード構造」と、G-STEELで初めて伝統的なフロントボタンを備えているのがGST-B300である。

このシリーズをベースに“Love The Sea And The Earth”のテーマのもと、アフリカの野生動物保全と人々の生活について考え、その共生を目指す認定NPO法人「WILDLIFE PROMISING」のサポートの一環として開発されたのが、新作「GST-B300WLP-1AJR」となっている。

 

 

本機はアフリカ最大のヘビとして知られ、ワシントン条約に登録されている絶滅危惧種、アフリカニシキヘビをデザインモチーフに採用。ベゼルにクールなパイソン柄を施し、ブラックの樹脂バンドにブラックIP処理したメタルの遊環&美錠を備える。なお、遊環には「WILDLIFE PROMISING」を、ケースバックには“Love The Sea And The Earth”のロゴが刻印されている。

そして、G-STEEL「GST-B300WLP-1AJR」とのペアモデルの提案として、Baby-Gより「MSG-W350WLP-1AJR」も同時にリリースされた。ベゼルのパイソン柄はもちろん、アナログ時刻表示やタフソーラーなどの実用的なスペックを共通として備えている。

 

G-SHOCK G-STEEL「GST-B300WLP-1AJR」6万1600円/クオーツ(Bluetooth搭載ソーラー)。樹脂+ステンレススチールケース、樹脂バンド。縦50×横50mm(厚さ15.5mm)。重量91g。20気圧防水

 

GST-B300WLP-1AJR/搭載機能一覧
●耐衝撃構造(ショックレジスト)
●カーボンコアガード構造
●タフソーラー(ソーラー充電システム)
●モバイルリンク機能
●針退避機能
●ワールドタイム
●ストップウオッチ
●タイマー
●マルチアラーム・時報
●バッテリーインジケーター表示
●パワーセービング機能
●フルオートカレンダー
●12/24時間制表示切替
●操作音ON/OFF切替機能
●ダブルLEDライト(スーパーイルミネーター、ホワイト色)
●ネオブライト(夜光処理)

 

問い合わせ先:カシオ計算機 お客様相談室 TEL.03-5334-4869 https://g-shock.jp/

 

※ 「WILDLIFE PROMISING」
ワイルドライフ・プロミシングは、アフリカの“野生動物保全”と“人々の生活”について考え、その共生を目指す認定NPO法人。東アフリカのケニアで、ナイロビ周辺やマサイマラ、ケニア北部に棲む野生動物に着目し、野生動物と人々の関わりの観点から保全生態学的研究を行っている。こうした学術的研究に基づいた社会活動、保全活動を実施し、“野生動物と人”のより良い生活環境づくりを目的としている。

TAG

人気のタグ