シンプルウオッチの急先鋒! スイスの100年ブランド「ミドー」が貫く時計製造の哲学をCEOに直撃!!

スイス時計産業の中心地、ル・ロックルに本拠を構えるミドーは、1918年に創業した名門。かつては日本でも展開されていたので、アンティークウオッチ好きの方にはご存知の人も多いでしょう。このミドーが日本に再上陸したのは約2年前。取り扱い店舗の増加とともに、にわかに盛り上がりつつある注目ブランドをもっと深く知るべく、同社CEOのフランツ・リンダー氏に話を伺いました。

 

時計界でも競合相手のいない独自のポジショニング

アジア視察の一環で来日したミドーCEOのフランツ・リンダー氏

–ミドーは、なぜこれまで日本展開がなかったのでしょうか?

1930年頃は日本でも展開していましたよ。その後、こちら側と日本側での体制の変化があって途絶えてしまったけれど、やはり日本は目の厳しい時計愛好家の多い国ですし、ブランドの今後の発展に欠かせません。それが2015年に再上陸を決めた理由ですね。

 

–ミドーは、ミドルレンジのブランドを複数抱えているスウォッチ グループの一員ですが、グループ内で競合しませんか?

たとえば展開する価格帯の近いハミルトンはアメリカで発祥したブランドなので、創業に至る背景から大きく違います。ティソはテクノロジー志向ですし、ロンジンには特有のエレガントさがあります。10万円前後から購入できるトラディショナルなスイスウオッチとなると、やはりミドーしかないと考えています。

Print Friendly, PDF & Email
  1. 1
  2. 2
  3. 3
View All
TAG