浮き足立つフレッシャーズの気持ちが整う! ちょっと背伸びしてでも欲しい王道ウオッチ4選

新しいスーツに、新しい靴、新しいカバンと、春から新生活を迎えるフレッシャーズには何かと揃えるアイテムが多いですよね。明るい希望に想いを馳せながら時間をかけて選んだものを身に着けると、自然と気持ちも引き締まるもの。とくに腕時計は、ずっと同じものを着用することが前提のため、しっかり時間をかけて選びましょう。

予算は人によって様々ですが、腕時計は長年にわたって使えるので初期投資を惜しまず、本当に気に入ったものを手に入れるのがベスト。さらに、普遍的なデザインであれば社会人としてのキャリアを重ねても使い続けることができるので、オススメです。

 

バウハウスデザインの巨匠が手がけたシンプルウオッチの金字塔

「マックス・ビル バイ ユンハンス」左/14万円(税抜)Ref.027 3400 00 右/15万2000円(税抜)Ref.027 3400 00M 自動巻き(Cal.J800.1)、ステンレススチールケース、直径38mm、防汗仕様

ユンハンスというドイツのウオッチメーカーの時計ですが、ブランド名を聞いてピンとこない人でもマックス・ビルデザインの時計ということでご存知の人も多いのではないでしょうか。

まず最初に取り上げる本機マックス・ビル バイ ユンハンスは、スイスで生まれ、ドイツのバウハウスでデザインを学んだデザイン界の巨匠マックス・ビルが、1956/57年にユンハンスのために手がけたウォールクロック(のちにニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに指定)がモチーフとなっています。

これに1962年に発表された機械式腕時計のデザインエッセンスも盛り込み、ユンハンスの手で再び甦ったのが、現代の製品。機能を追求したシンプルさや、先端に緩やかなカーブをつけてドーム型ガラスと調和させた分針など、この時計に宿る細部へのこだわりは、クリエイティブな仕事に就く人に多くのインスピレーションを与えてくれるに違いありません。

[ユンハンス]その他のオススメモデル

  1. 1
  2. 2
  3. 3
View All
TAG

WATCHNAVI Salonオススメ